つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。

映画ルパパトen film感想・今度テレビにも来てねジャックポットストライカー

先日『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』と『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』を観てきました。今年はルパパトにドはまりしてまして、毎週感想書きたいくらいなんですが、だいたいが最終的に初美花ちゃんかわいいーーーシザーちゃん(でかい盾というすばらしい武器)かっこいいいいーーー香村さんの脚本好きーーーで落ち着いてます…。毎週見応えがあって面白くて大好きです。

ノエルさんが出てきてから明かされる設定やら意外なキャラとのコンビ回が増えたりとますます楽しいです。ルパパトは毎回、キミはどっちを応援する?って聞いてきますが、どちらの戦隊も好きだけど応援してるのはルパンのほうで、失われた人を取り戻すってそれだけの為に生きてる彼らに見ていて情が傾いていくんですが、ノエルさんが出てきたときはルパン側のコレクション集めにこれ以上の支障が出たらつらいだろうな…と思ってたので、コレクション集めとして頼りになるノエルさんにほっとしつつ、ノエルさん自身の抱えていることや今後が気になるなと思います。
少し前にも魁利くんが自分たちを捨て駒と言ってたので、その意識が少しでも楽になるといいなと思います。命捨ててもって自分で言うのと誰かにそうしろと言われるのは、また違いますよね…どっちにしてもつらいけど…そして何よりつらいのは脚本の香村さんはゴーカイやウィザードなどで徹底して失われたものは戻ってこない、ってことを描かれてるので…戻ってこないけれど、それでも進む3人とノエルさん(仮)がいつか描かれるのかなと、そんなことをつらつらと考えて毎週テレビの前で怪盗を応援しています。

前置きがとても長くなりましたが、映画ルパパトの感想です。もう冒頭のアクションから迫力があって開始数分ですでに満腹感がありました。いまちょっとテレビのOPで流れている映像ですが、ルパンレンジャーとパトレンジャーがそれぞれ戦うシーンがいろんなアングルから撮られてて、屋内から外へ、上から下へとあちこちでアクションが起こっているぞっていうのを感じられてとても素敵でした。テレビ版のアクションのカメラワークもとても凝ってるんですが、劇場版はさらに目まぐるしくて、それでいてとても見やすい!!!メリハリのあるアクションで最っ高…!!って心の中で拍手しまくりながら見てました。個人的にはイエローのワイヤーアクションというかワイヤーで飛んでくるところが大好きです。マントはためかせて画面をぶった切るように出て来るので戦いに躍動感を感じました!あとルパパトはOPが大好きなんですけど、映画のタイトルに顔を映しながら入ってくる演出もう痺れました。OP入るところは何度も観たいです!!ブルーレイ買いです…!!

毎年戦隊の夏映画の尺は限られてますが、今年は戦うシーンがこれでもかと言うくらいカッコよくて、そこにほぼ全振りしてたんじゃないかと言うくらいの気合を感じられました。とはいえストーリーも面白くて、アクション満載だからこそ描写はシンプルにWレッドの共闘に絞られて、観ているお子さんや大人のかたもスッと入っていけたんじゃないかな…と思います。それに、シンプルって書きましたけど描かれてるルパンレッドとパトレン1号の、誰のフォローも無い状態での共闘って、なかなかすごい進歩だなー!と思いました。

いつもは圭一郎先輩の真面目一直線なところにつかさ先輩たちがガツンとぶつかって方向転換をさせてましたけど、ルパンレッドの命がけの行動を見てパトレン1号が協力を飲む…っていうのは、これまでの戦いを踏まえて(不本意だけど)相手は信頼に足ると認めてるから出来たことだろうなと思います。圭一郎先輩も柔軟になったなあ…としみじみしたと同時に、魁利くんが怪盗を選択したことは俺の全部、と言えるまでになったことにもじーんとしました。5話と6話を踏まえた上でのあの焚き火のシーンは素敵でした。間違ってるって断じていたパトレン1号が、貸し借りというやりとりを経つつもルパンレッドの選択を受け止めているようになったんだなと…。このシーンが終盤あたりに響いてくるんだろうな…と思うとワクワクします。

ワクワクといえば、今回異世界に行っちゃったWレッドのお二人、すごい敵の最深部(?)まで行けちゃっててびっくりしました。いつもドグラニオ様がおくつろぎの広間みたいなところまで行っちゃって「え!今日行くの!?」みたいなドキドキ感がありました。ああいうところって最終回間際に行くんじゃないかと思ってました(笑)そして普通にW幹部に攻撃されるっていう…控えめに言って大ピンチだったと思います。
そこにやってきた劇場版のゲスト、ジャックポットストライカー!グッディのおともだち!クラウン乗っけてるところがまたゴージャス感とカジノ感(謎)があってとても可愛い!!ジャックさんがいなかったら正直終わってましたね!みんなで共闘して帰れてよかったなーと思います。あとゴーシュさんのお宝を取るか取らないかで葛藤してたレッドーー!!少し前に、同じ境遇だったつかさ先輩の「生きて帰る約束」を聞いた回を経て観ると、帰ろうって想いが勝ったことにじーんとしました。

と、映画のゲストエルロックさんにまったく触れてませんでしたが、田中さんの演技がちょっと怖さを漂わせてて好きです。ああ…中野ジェームズ修一先生の柔軟講座大好きな田中さんだ…って思いながら観てました。体を柔らかくして撮影に臨まれたのかなと思うとほほえましいです。そんなエルロックさん、ギャングラーでした!ということでウィルソンと合流して戦闘開始!!パトレン側が言うように、わざわざ共闘させちゃうなんて悪手だったなエルロックさんよ…!!とかっこいい流れからの一列変身。そして今回、ジャックさんも協力するよということでルパンレッドがいつものように使ったら、赤青黄合体!!触らないでよーって嫌がる初美花ちゃんがかわいすぎるんですが、そのあと魁利くんもお前も触んなよ的なことを言ってて、ちょっと19歳の若者感がありましたよ…とニヤニヤ。そのあとクールな透真さんが本当大人でかっこいい…!!合体したことについてルパレンへ冷静なツッコミをするパトレンも面白かったです。映画館でもここで皆さん爆笑してました…。まさかここがビルドと被るとは思いもしませんでした(笑)

後半のロボ戦もCGがこれでもかというくらい動いて格好良かったです!!グッドクルカイザーVSライモンのときもとても動いてかっこよかったんですが、あれ以上の動きをぐるんぐるんと劇場でやってくれるのが観ていて爽快だったのと、ジャックポットストライカーの動きがいちいち格好良くて、あのガンダムダブルエックスみたいなロボが月をバックにしてるとかずるいですよ…グッドストライカーと両端から追い詰めてく構図といい、そこでWレッドが共闘したぞ的な映像を流されてしまうと、熱いわーーーー!!!ってテンションも爆上がりするというものです…。正直これまでCGのロボ戦て好きじゃなかったんですが(重そうなロボがどっしり動くのが好きなので…)CGだから出来る表現やカメラワークがあるんですよっていうのを観せてもらえて、ルパパトのロボ戦のこれからが楽しみになってきました。ルパパトは全体的に新しいものを見せたいっていう気概のようなものが伝わってくる気がして、毎週ほんっっっと楽しいです!!!

ラスト、束の間の共闘が終わってそれぞれ帰る怪盗と警察でしたが、圭一郎先輩へのつかさ先輩のデレがあったり、それでどつかれる咲也くんとかいつものノリにも和みました。そして晴れやかな魁利くんでしたが、今回パトレンの前でジャックさんを使う=分身するつもりだったあたり、パトレン側への心の許しというか緩みが出てきてるようにも思えて、これからどうするのかなー…と思わなくもないです。この前も思いっきりありがチュー言ってたぞ魁利くん!本人が思っているほど警察側に好意的なんだろうなと思うと、ほほえましいような、これからの展開が心配なような……どう料理されていくのか楽しみです。

そして追加戦士ノエルさんは脚本の都合上、華麗な戦闘を見せてくれたあとはほとんど出られませんでしたが、先に探偵の真相に気づいていたというところと日曜日の放送で戦ってバク転して人のお金億単位使ってとやりたい放題の大活躍だったので、冬の映画の出番がいっそう楽しみになってきました!!いまからとても待ち遠しいです。

この記事でビルドの感想も書こうと思ったんですが長くなったのでまた別で更新出来たらと思います…。ああでもひとつだけ…サブタイトルが『Be The One』なら主題歌『Be The One』流してほしかったですよ…!!!!!そんなシャウトな記事も書けたらと思います…。

 

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー写真集 - TREASURE COLLECTION -

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー写真集 - TREASURE COLLECTION -

 

このごろのジャンプ感想/ロボレーザービームその2っていうか最終回感想

お久しぶりのジャンプ、ROBOT×LASERBEAMの感想です。先日ジャンプで終了しました。思いっきり悲しかったです…。今年は青春兵器が終わって凹んでいたので最終回がダブルで来た…って、ふっと脱力するような気持ちになりましたが、好きな感じの最終回だったのでそれだけは嬉しかったです。とにもかくにも、藤巻先生お疲れ様でした!!!

一昨日に新刊が発売されてたのでいそいそと買ってきましたが、ちょうどタッグマッチ選手権開催というところなので、改めて選手権の様子を漫画で読みたかったな、としみじみ思います。掲載順が下位続きだったので道半ばの最終回は青天の霹靂ってわけじゃないですけども、気になる対決がいくつかあったので残念でした。銀狼くん戦が楽しかったので、朱雀さんと烏丸先輩の鳥キャラ対決とか観たかったなと!

最初から楽しく読んでましたが、個人的にはプロ編の試合のほうが好きで、風の大地でひしひし感じたんですけど選手とキャディさんがあーだこーだと話してるのが好きっていうのがあったんで、プロロボ&キャディトモヤになったプロ編の雰囲気は好きで、キャディ対決の要素もあった銀狼くん戦は、あっちもあっちで彼らのペースで作戦立てたりしてたところも楽しかったです。

あと若手たちから慕われてないけど大会責任者な重鎮ドンが出てきていい味出してたな…と。登場時こそ嫌味で横柄なオッサンという感じでしたが、回を追うごとにせせこましい!!みみっちい!!ってやることなすことが控えめで、このギャップどうしてくれる…って気づいたら出番を待つくらいには楽しみなキャラになってました。振る舞いや考え方といったところで本物の大物キャラな朱雀さんがいたから余計にそう思えたんですが(選手権優勝したってところがまた!)、ロボくんが罠にハマったー!罠を破ったー!ぎゃー!で泡吹いちゃうの意外と繊細なところあるおじさん…。その後、仕事抜けすぎててまた笑いを誘うっていう…最終回に泡吹くためだけに戻ってきてくれたのが大好きです。あのおじさん、トーナメントの最後には極限のリアクションを見せてくれたのかな…!って思うと、最後まで選手権のこれからも見たかったです。

と、おじさんの行動に一喜一喜するのも楽しかったのですが(憂いはしない)、ゴルフは対コースのスポーツということで、ドンというコースの仕掛け人をボスに持ってくることで、コースをどう攻略するかということが可視化されたような気がして、ゴルフやってない自分としてはそういう「やったー!」って感情をよりわかりやすく受け止められたように思います。あと普通に仕掛けの謎と謎解きも楽しかったので、他のドン罠も見たかったです!!デビュー戦のときもどうやってロボくんが逆転するかなって予想するのも楽しかったです…。

この漫画を読んでいるときは、推理小説の読者に対するフェアさのようなものを感じていて、物語の流れや勝敗に対して情報をきちんと(部分的にさりげなく)開示してくれるというか、こういう条件があって~こういうルールがあって~というのをとても細かく示してくれて、読んでる側に踏まえさせてくれる親切さが好きでした。ロボくんの必殺(?)技EXレーザーが生まれる理由だとか、その制約だとか、集中力が肝だけどそれが体力を削ぐって条件付けも回想を交えて描かれて、その設定を踏まえた上で、この先どう試合運びを予想してね、というところが読んでて面白かったです。飛距離で勝負だけじゃなく、こういうプレーってあるよ!みたいな先生のおすすめ感も楽しめました。

ただトモヤくんというベストパートナー抜きにしてもロボくんの技はやろうと思ってやれないよね…!!ジャンプの番組で芸人の大西ライオンさんがロボくんのプレーを模してホールインワン狙ってた姿を見て、やっぱあれやるって大変なことなんだなあ…と思いました。あといつぞやのかりそめ天国でやってたプロ選手&えなりくんでイーグルパットを決めるぞーって悪天候の中やってたのを見たときも同じことを思いました。だからこそのプロで…っていうかフィクションで…ってことですが、それはさておき、ロボくんは元より他の選手にも技巧派みたいなキャラが何人か居たようなので、こういうプレーもあったら楽しそうじゃないですか??って藤巻先生のおすすめも他の試合で見たかったなと思います。もう締めの言葉が定型文化しつつある…。

作中ではゴルフの情報からキャラのプレーの特性など情報が詰まっていましたが、その上で物語もまた、過去の展開を踏まえた現在、という成長感が何度も出ていてすごかったなと思います。ロボくんが論理的に学び・実行するというキャラだからか、過去を発展させるという描写が丁寧に描かれてて、それが特にプロ編ではあまりに頻繁だったので、五言絶句を読んだみたいな気持ちになることが多々ありました。そこに韻を踏んでいるような心地よさがあり、またロボくんの姿勢が素直に学ぶ子どもみたいな感じなので同時に微笑ましくもあり、自分の論理的に進んだ行動から自分の心に気づくっていう発見もまた読んでいて面白かったです。1話目から変わってない、ロボくんの好きなところです。

変わってないといえば、ロボくんとライバル鷹山くんとの関係も最後まで静かにバチバチとしていていいなと思いました。無言のすれ違いの後で、鷹山くんのまだまだだ、ってロボくんを冷静に評するところが頂点を目指す彼らしいなと思いますし、お互い実力差を理解しつつ先を見るというところも険しくも楽しそうな未来が感じられて好きなエピローグでした。1巻のロボくんと鷹山くんの出会い(それを近くで見るトモヤくん)という構図が作中で貫かれていたところも好きです。トモヤくんがロボくんの力になるというところもひとつの成長だな…と思いました。

最後に選手権で切符を手にしてやってきた愉快な感じの朱雀さんも見たかったですが、あの人が出てくると途端にギャグ要素が入っちゃうからあれで良かったんだろうな…と。世間では伝説作り中のカリスマだけど鷹山くんの中では目にモザイク必須な人になってたしね…。そして最後のロボくんの、これからの活躍を感じさせるショットを見守る人が高校の先輩と同級生っていうのも大好きです。先輩といえば理音先輩は本当いい先輩でした…というかとても好きなキャラです。5巻の表紙は格好良かった…。

一年と少しですが、リアルタイムで読めたとても思い出深い漫画でした。藤巻先生の次回作も楽しみです!そして最終巻は9月発売ということで、加筆部分(コミックスの細かい描き込みは毎巻見ていて面白いです…)やおまけのページなど、いまから楽しみに待っていようと思います…!!!

 

ROBOT×LASERBEAM 5 (ジャンプコミックス)

ROBOT×LASERBEAM 5 (ジャンプコミックス)

 
ROBOT×LASERBEAM 6 (ジャンプコミックス)

ROBOT×LASERBEAM 6 (ジャンプコミックス)

 
ゴルフは考え方が9割 (ゴルフダイジェストの本)

ゴルフは考え方が9割 (ゴルフダイジェストの本)

 

 

ピアノの森がアニメになったそうで

最近ようやくまとまった時間を取れるようになってきまして、前のようにぽつぽついろいろ書いていけたらと思います……ということで、久しぶりにピアノの森のことです。

青春兵器の記事を書きにログインしたところ、アクセス数がぶっ飛びすぎててびっくりしたんですが、調べたらピアノの森のアニメが始まってたと知りと合点がいきました。

ずいぶんと前に友人からピアノの森がアニメになるよ!と聞き、それはおめでとう!!という気持ちになりました。アニメは事情があって観ていませんが、ピアノという題材をアニメを通じて耳でも愉しめるようになるのは素敵なことだと思います。

同じく音楽を楽しめる漫画ということで坂道のアポロンも大好きなのですが、あれはアニメが自分の大好きな渡辺信一郎監督×菅野ようこさんタッグだったということで、もう眼福の上に耳も至福なアニメでした。漫画は漫画で音楽のシーンを想像し味わえるのが楽しいですが、のだめとかもそうですけどメディアミックスすることでよりインパクトがあるシーンが生まれますし…。ピアノの森はアニメ化にあたってピアノのオーディションされたとのことですので、制作側の愛が感じられていいなあ…!!と思います。

ただ、アニメって冴ちゃん出ないっぽいんですかね…!?ホームページでキャストを見てみたら冴ちゃん居ない!!?ってびっくりしました。冴ちゃんカットされることになったら悲しいな…。とはいえ、短い尺の中で幼少期~ショパコンラストまでやるとなると、仕方ないのかな…とも思います。冴ちゃんは縁の下の力持ち的な形で海を支えてるキャラだし、音楽の世界を軸にするならばっさりカットもやむなしなのかなと…。ああ…悲しい。そういえば、うしおととらのアニメでもまさかの凶羅さんの出番&名シーンオールカットとかありましたからね…あれも尺足らないから仕方ない!!って言い聞かせてましたけど、でもわたしは凶羅さんとお役目様関係の話が作中でもかなり好きだったので沈みましたね…。ピアノの森では他にもアレグラさんとか向井くんもキャストに名前が無いのでどうなるのかな…と気になっています。ちなみに他のキャストについて、佐賀先生が遊佐さんで大笑いしました。

笑ったといえば、ツイッターの告知動画というのも見ましたら、パンさんがすっっっっごいカッコつけたポーズ取ってて腹痛くなるまで笑いました。ナイフのように尖ってるパンさん、斜に構えたイケメンだなー!!そしてピアノの森のコラボカフェなるものもあるということで…すごいなアニメ化…。

アニメになって話題に事欠かないピアノの森ですが、アニメ化記念でピアノの森その後…みたいな番外編が漫画で描かれるのも少し期待しています。パンさん日本で押しかけ弟子編とか読みたいものです…!!!

 

「ピアノの森」Piano Best Collection I

「ピアノの森」Piano Best Collection I

 
ピアノの森(17) (講談社漫画文庫)

ピアノの森(17) (講談社漫画文庫)