読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。

青春兵器ナンバーワン21話・カレシカノジョの事情

青春兵器ナンバーワン

ジャンプ土曜発売だったのを忘れてたので慌てて買ってきました。毎週青春兵器を楽しみにしているジャンプですが、最近はDr.STONEもとても楽しみで(アイシールド21大好きです!当時はアイシールドとネウロが楽しみでジャンプ買ってました)、今週の新連載も面白かったです!黒子のバスケは読んだことないんですが、なんかもう安定してる感じが絵柄からひしひしと伝わってきて、楽しみな読み物が増えて嬉しい限り。にぎわいを見せるジャンプで青春兵器も頑張ってくださいという気持ちです!応援してます!
というわけでMission.21感想です。

恋愛相談、大人の女性…これはまさか…という期待をまったく裏切ることなく登場しました、ナンバーズNo.07ことナナ姉さん!!の前に、バーの看板がバババーバ・バーババになってて笑いました。ボーボボも楽しかったです…ビュティさん好きです…。余談ですが、大学のときのゼミの教授がボーボボの作者さんのお父さんで、よく講義前にジャンプをスッと出されて見かけたら応援してくださいってお話されてたのがいい思い出です。毎週アンケート出してます…って照れ混じりに笑ってらしたのを、今週の小ネタで思い出してなんだかちょっと胸が熱くなりました。

前置きが長くなりました。零一たちがやってきたのは大人っぽいBAR。カランカランって元気にドアを開ける零一の後ろで慌てるエージくんがかわいい。大人のお店に来たことがないという感じが伝わってくるんですが、零一のほうは単にデリカシーが無いだけ、ハチは余裕!!さすがハチ…とそのニコニコ顔を見ていましたが、仕込みは済んでいました。まさか次のページからその笑顔が凍りつくとは!!
セクシーダイナマイッ!!のアオリとともに登場のナナ姉さん、正直意外な造形でした。うさぎの耳はあるかなって思いましたけど、まさか年上の女タイプとは…。あとエージくんのメガネ設定がまだ生きてて笑いました。

笑顔の零一と困惑のエージくん、そしてもう何があったお前!な顔のハチ。天敵が来た!!とでも言いたげな、過去最大級のショック顔。明らかにハチと因縁があるナナ姉さんに、ナナ姉ー!と無邪気に駆け寄っていく零一がかわいいです。心の中で、白旗を振りました。零一の甘えん坊ぷりがかわいい。最近の零一は庇護欲を掻き立てられるようなかわいさがあります。泣き顔でかなり来てたところにトドメを刺された思い。

生まれは零一が先だけど、頼れる女性(?)として慕ってたナナ姉さん。恋愛のスペシャリストって何ってツッコミはごもっとも。しかし銃を構えるエージくんを気にする素振りもなく、ナナ姉の視線はハチへ。はっちゃん呼びだ!!と思ってたら、次のページから青春兵器作中とは思えない濃厚なスキンシップが…。「ナナでいいのよ、昔みたいに…」ってどういうことだハチ!!すごい密着度だよナナ姉さん!!ハチの頬を触ってる手つきがえろすだよぉーー!!(雲雀ちゃん)
ハチの顔はずっと虚ろ…その顔は東君を手に掛ける前の思い詰めたものと同じだよハチ!そのレベルまで心が追い詰められてるのハチ!!その瞳に宿す光は殺意…だけど後ろのナナ姉がまったく気にしてないところを見ると、過去ハチとナナ姉さんにあったことで傷を負ってるのはハチだけの様子。…って、たった一度の過ちって何があったのハチーー!!取り押さえてるエージくんは慌ててますが、多分エージくんの頭では考えが及ばない関係だったんだろうななんて思ってしまいました。そしてニコニコとしてる零一もまた、完璧に蚊帳の外だったんだろうな!!ひたっすらに笑いました。

エージくん的には厳しいキャラだったナナ姉さん。クラスの女子とはひと味もふた味も違うちょっと大人な雰囲気の女性ですが、零一は身内ってことで甘えまくり。メロンソーダがいい!!ってはしゃぐ零一かわいいです。今週は思いっきり零一の弟っぷりを楽しんでました!兵器時代、ファッション雑誌をためてお金も貯めて(?)カリスマ美容師のお店を予約してたのかと思うと和みます。

ナナ姉さんの目的は零一の恋愛相談…ということで、人物関係図が登場。読者もおさらいできていいですね!!中心人物がエージとアンヌちゃんで笑いました。オレが隅っこだよーー!!あと(MAPPO)がど真ん中すぎて酷い。そりゃナナ姉さんも怒るよ…なんでワンちゃんが敵対組織の輩に惚れたり親友になってたりしてるのよ!っていう。でも、ここで親友って書いてあるの本当良いなあ…とものすごく和みました。エージくんの簡略顔も笑ってて、読者的にはエージくんはツッコミ疲れしてる顔ばかり見てますけど、零一にとってはエージくんっていったら笑顔なんだなあと。でもいまは姉さんに怒られてる。

恋愛相談もいよいよ本番、と取り出しましたのはタロットカード。兵器としてのナナ姉の能力は未来予知。今週は相卜ちゃんも斉木で大活躍でしたね!(相卜ちゃん大好きなので大満足の今週…)あらゆる事象を99%予知ってすごい…けど恋愛事にしか使わないという…。よかったね世界…ナナ姉さんが本気出してなくて、とか思ったら零一のおかげであっさりと消滅の危機です地球。タロットカードの不吉なカードかと思いきや直接的なメッセージが出て笑いました。零一のショックで地球消滅とか、相変わらずの最終兵器。まだかなーって待ってる顔はかわいいだけに不憫…。

急遽はじまった零一モテ男改造計画。25分後に日本沈没でよっしゃあああ!!!って揃ってガッツポーズの元カップル(推定)に笑いが止まらず。しかし直後の食事の汚さにまた地球は滅亡の危機。ほんっっっっと酷い食べかただな零一!!口を閉じて噛みなさい!!!幼稚園児か!!!食べるとき音立てるんじゃねえええって全国のちびっこ男児を持つ母親の叫びとシンクロしているよ…。こんなに食べ方汚くてう○この話するんだから、そりゃエージもキレるよ…と思ってたら丸顔野郎ってナナ姉さんも怒ってた。これは怒らざるを得ない。そしてさらっと零一のアカンな感じの私服に「へー」とか腕組んで感心してるエージくんの久しぶりのボケっぷりが嬉しいけどアウト!!ドーン!ってTシャツどこで買ってくるの。

そんなこんなでなんとか進化した零一。性格やさしい、頼れる、レディファースト、清潔感…あーこんなキャラいたなあ…そうです、東くんです。脈あり(0.1%)になった零一はめっちゃ顔が痩けてましたけど、これをごく当たり前のことのように出来るキャラがライバルの東くんなわけで…絶望的な差だなあ…と思っていたら、まさかの本人登場!!相変わらず青春の煌めきを背中に背負って!!バーババなバーはまさかの東くんちでした。お父さんと似てない!けど、東くんのコミュニケーション能力はきっとこのお店でも培われてたんじゃないかと思うととても納得。休みの日に東くんがお店を手伝ってたら、東くん目当ての客が絶対来ると思います。だって三浦春馬

そんな東くん、ひと目でナナ姉さんを落としました。圧倒的でした。稲妻ののちの心象風景が面白すぎてツボ。白馬と教会が控えめに姉さんの願望を表してて笑えました。長谷川先生は春馬って字面を意識して名前を選ばれたように思えます。春馬と白馬の王子様の親和性あるある。
まさかの零一と同じ一目惚れパターンであったナナ姉さん、行動派。ソッコーで転校してきました。しかもちゃんと学生モードに合わせてきました。メイク控えめ&三つ編みって、なんだか女の子向けのアニメに出そうな動物系キャラになっている。ナナって呼んでくださーい!って話しかたもバッチリですナナ姉さん。クラスの皆も一部を除いて大歓迎でしたけど、エージくんとハチの心労がMAX!!来週もナナ姉と東くんでひと波乱がありそうで、当然ハチも過去の呪縛からは逃れられない…

ナナ姉登場でナンバーズの内情というか兵器の立ち位置みたいなものがふわっと明かされたわけですが、とにかくシングルナンバーズはフリーダム。ナナ姉さんの的も王子様探しだったということで…わりと女性なら持ち合わせやすい、運命の王子様に会いたい願望ですけども、話を聞いてるエージの後ろでずっと白目になってるハチが怖い。

ハチは王子様じゃなかったと暗に言ってるナナ姉さんが東くんに惚れた、って展開はかなりエグいなーと思いました。青春能力値のどうしようもない壁を感じました。といっても頂上決戦レベルですけど!って、ハチとナナ姉に何があったかは明言されてませんが、来週元カノ(?)が東くんにアプローチしていくのをどんな顔で見てるんだろう…って考えるとハチがんばれ…って思わずにはいられません。

ただ、ナナ姉さんに限らず、ハチって友だちならいいけど彼氏にするにはきついタイプじゃないかと思うんですよね。どんなに好きになってもハチは零一を最優先する。零一の為なら罪は被るし罪を犯すし死んでもいいとも思ってる。初登場回を思い出す限り、兵器時代のハチはいまよりそれが顕著だったと思うので、こいつは王子様にはなれないタイプだなーとナナ姉は即見抜いたんじゃないかな…などと勝手に妄想してます。でも、それでも何かあった、というのがハチのすごいところ…。

少女漫画的展開だとしたら、ナナ姉と零一が結託して東くんとアンヌちゃんが良い仲になるのを引き裂こうとするパターンはあるかなあ…でもそれってやられたほうは必ずくっつくんですよね…。エージくんはきっと蚊帳の外。エージくんは委員長と和んでるくらいがちょうどいいから、それはそれでいいのかも…。

来週はどうなることやら…というところで合併号なのがつらいんですけど!!次回が待ち遠しいです!!ハチ頑張って。

 

  

 

同じテーマの記事

青春兵器ナンバーワンが20話越えたので好きな話ベスト5を考える

青春兵器ナンバーワン

ジャンプの今週号で青春が20話を迎えてましたね。応援してましたが、正直言って奇跡のセンターカラーが来るまで10話越えたら…と悲しい想像がつづいてたので(正月あたりの合併号がつらかった…)、今週読み終わってからしばらくして、そういえば20話だった!!となんの憂いも感じてなかった状況を嬉しく思いました…。新連載が沢山始まって面白いお話も多いので安心というわけではないんですけど、最近の先生は筆が乗ってるという感じがするので、これからも応援したいなと思います!

好きな話を5つに絞る、ってマンガが好きな友人とはたまにやってる遊びですが、一話完結ものの作品ならではということで、この節目に青春でもやってみようと思いました!(30話のことを考えるとすごくハラハラするので20話)
ということで個人的青春ベスト5です。

 

第5位:Mission.7『ステージイベント』

校内ダンスの回です。感想書けてなかった回。
前回初登場だったハチが、青春という戦場を一気に駆け上がっていった回でした。青春兵器ナンバー8のはじまり…
初登場時のハチは零一に心酔していてエージくんを目の敵にしてたので、これからもそんな感じになるのかなと思ったらあっさりと零一の友達認定。自分は軍人、と切り替えるハチの意外な柔軟さに関心していたら、真面目な努力家だったということで「HACHIィーー!!」の叫びが気持ちと完全にシンクロしてました。大学生のダンスサークルに練習混ぜてもらうはハイレベルだよハチ!自分の中で青春兵器お好きなファンは「青春兵器とはハチのこと」と一度は必ず思っているという偏見が生まれる…。

一方、後輩に先を越された零一の、高校生といったらフォークダンス…っていう話が懐かしくて笑えました。少女漫画でもだいたいマイムマイムとかオクラホマミキサーだなあ…。実際自分も運動会なんかで踊ってましたけど、いまの学生はダンスが必修科目ってすごいなあと思います。学生の頃はV6のデビュー曲で創作ダンスしてたなーなんて懐かしさも相まって好きな回です。

ダンス大会に申し込んだものの、人前で踊るなんてできない…って泣く零一と、必死でなんとかしようとするエージくん。「泣くぐらいならやめちまえ!!」「もっと身の丈に合った設計をしろ!!」と、エージくんのツッコミや愛ある檄も飛びまくってて好きです。この回のモノローグは好きなものばっかりで、帰って筋トレして寝たい…は個人的にかなりお気に入りです。筋トレってことばが入ってるだけでエージくんの生活や考え方が伝わって楽しいです。僕達は本当に…青春ができているのか…?って自問もいいなあ。しようと思ってすることじゃないんですけど、そういう自問もまた青春っていうか…
エージくんのツンデレみたいなセリフのどじょう掬いとか、エントリー名「ナンバーワンエージェント」に対する先生の「なんつーチーム名だ」って手書きツッコミも楽しくて笑いました。先生の手書きは毎回とてもツボ。

7話はハチの青春におけるキャラが固まったことで、エージくんと零一の立ち位置や、ふたりであれこれやってたところから話が回っていくきっかけの回だったなと思います。次の回では初恋相手となるアンヌちゃんの登場ですが、この話でエージくんと零一が力を合わせてダンス大会を乗り切ることで、8話でエージくんがアンヌちゃんに「あいつは僕の友達だよ」って言うセリフにも説得力があって、同時に友達だって言える仲になったんだな…っていう感慨深さもあって好きです。6話から8話の流れは丁寧につくられてるなあと、何度読んでも楽しいです。早く2巻読みたいな…!!

 

第4位:Mission.13『選挙』

奇跡のセンターカラー回です。感想の個別記事はこちらです。
零一オルタの回と迷ったんですが、冒頭のエージくんと委員長のほんわかしたシーンがかなり好きなのでこっち…。ストーカーみたいな発言してた子とそれに怯えてた子がこんなに仲良くなっちゃって…和みます。学級委員もお手伝いするんだ~って言ってる委員長が後にあんな手伝いをするとは思わなかったよ!
エージとハチの代理戦争という構図も新鮮で楽しかったですし、零一をトップにするために身を削る(inテラスハウス)ハチが健気で可愛かったです…。

後半の早押しクイズは「なんで!!!?」って展開でしたが、勢いにやられました。正義と悪の組織の立場が入れ替わってしまうところや、非情さを見せるエージくん、久々にボケてないアンヌちゃん!からのバーミヤン!エージくんVS零一の直接対決うおおおお大爆発…勢いで読ませる回だったなあと思います。ボケツッコミ、正義と悪、キャラの立場が入り乱れてコロコロ変わる、笑いに笑った回でした。みんなでワイワイしているのが楽しい。カラーも本当におめでとうございました!!

 

第3位:Mission.9『イメチェン』
爽やかイケメン零一、一回限り回です。カリスマ美容師・神野葉沙美さんも一回限り。また出てほしいよカリスマー!感想の個別記事はこちらです。
この回は狂ってたなーというのが率直な感想です。インパクトだけならナンバーワンです。変なところを挙げていったらキリがない。スゲーな美容室って…って小さなところでも笑わせてくれて本当好きなんですが、なにより好きなのが躊躇いなく零一を攻撃するハチでした。ただ零一を盲目に慕うだけじゃないキャラだっていうのが伝わってきて好きです。泣きながら非常な決断をするハチにはいいなあと思いつつ、この唐突なシリアスに笑うしかありませんでした。一方で、零一に攻撃するのを躊躇うエージくんも友情が育まれてるな…ってわかって、この対比も面白かったです。でももうそんなことも吹っ飛ぶ勢いがある回だったなと思います!

 

第2位:Mission.12『カラオケ』
この回大好きなんですがたまたま感想書けてませんでした…。カラオケ回です。はじまりは大体屋上!!ってアオリが大好きです。エージくんが電話している横でボイトレしてる零一の努力が後々効いてくるのいいなあ…。
2位に選んだのは思いっきりカラオケというものへ思い入れです。自分の高校時代はいまほど娯楽もなかったので、中間や期末テストが終わったらその日は友達とカラオケに行って歌いまくるというのが唯一の楽しみだったんですよね。なのでこの回は懐かしいなー楽しかったなーっていう思い出を呼び起こしてくれる、個人的にとても楽しい回でした。NO.13の死神さんもとてもいいひとだった…

嫌々連れて来られたけどデザートやドリンクバーに夢中になるアンヌちゃんかわいい。アンヌちゃんはこの回から食いしんぼうキャラになりますけど、細いのはエージくん同様に筋トレしてるからかなあ…。健康ランドといいカラオケといい、ニコニコしながら日本の生活を満喫しているアンヌちゃんを見ていると和みます。
かたやエージくんも、護衛目的のはずが、いつのまにかターゲットが歌える歌に。「前前前世」を覚えてたら完璧だ!って得意げになってましたが、カラオケは一曲だけ用意してても足りないからっていう。委員長との歌被りもあるあるで笑いました。委員長はアップテンポの歌ものほほん顔で歌えててすごい&かわいい。選曲中のエージくんの独り言がアラサーにはあるある過ぎて笑う。
選んだものがつけまつけるだったのもすごい。でも確かに歌いやすい!つけまつけるの公式PVを見てさらに笑いました。最近この曲が近所のドラッグストアでよくかかってて思い出し笑いしてしまいます。勘弁して!

一方でもうカラオケ来るの慣れてるだろっていうハチ。ハイスペック人工頭脳とはいえ、洋楽歌っちゃうのすごい。「一曲目はとりまジャスティン・ビーバーを!」なんて言える高校生はなかなか居ないって…!
零一にバラードをレクチャーするハチも面白くて大好きです。予約取り消しと「尾崎を否定する気は全くありません」のところは笑いすぎました。この回は陰になり零一を支えるハチが輝いてました。(本当後半は輝いてた)ボイパまでやるんだなあハチ…さすが2087の男。

内弁慶モードから立ち直り、いざカラオケで大トリだーーのところへ、謎のコスプレ店員みたいなNO.13さんが怒鳴り込み…。え…?って顔してる皆さんと、忘れてた!みたいな顔のエージくん、甘味に満足のアンヌちゃん。盛り上がってるときに店員さんに入ってくるのつらいよなーって笑いが止まらず、死神さん連れてく零一もかわいそうだけどかわいかった…。でもNo.13さんいいひとなんですよ…。
今度はエージくん&ハチと三人で気楽に行っておいで…。

 

第1位:Mission4&5『林間学校』前後編
一話に絞れてませんが、こちらはセットのお話だからということで…!!感想は前編後編それぞれこちらから。

この作品にハマったなーという自分でも思い出深い回です。学校生活がつづくかと思いきやいきなり大きな行事来たなーと意外さをつかれた回でもありました。校外活動でテンション上がる零一の気持ちもわかる一話。アンドリューさん初登場回であり、三浦春馬の東くんも同じ班でがっつりと登場。零一が女風呂のぞきに行ったのを、好きだよなーあいつらと笑顔で答える東くんは男にも好かれてしまうだろうなーと感じさせる好青年でした。ゴミ拾いもすごく真面目にしてた。

この回は、テンション上がった零一の暴走を食い止めるエージくんの話ですが、女子風呂が覗けるところはどこですかって聞いちゃう天然ボケさがところがとてもかわいい。最近のエージくんはツッコミに心血注いでる状態になってるので、こういうボケかましてるところが新鮮に感じられます。3話といい、ボケエージくんもまた見たいなあ…。夏休みの回はボケというより壊れてしまったエージくんだった(笑)

感想はもう個別ページで長ったらしく書いてますが、銃火器を活かしてたところや熊殺しを引っ張ってきたところとか丁寧な話作りで好きで、あんまり親しくない委員長に家族の話しちゃう青春能力値0のエージくんと、それでも気にせず話をしてくれる委員長のキャラにやられた回でもありました。かわいいなあ…

 

と、こんな感じの個人的なランキングでした。他のファンの方はどうなんだろうなと気になるところです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!! 

 

ビーダマン CB-23 クロスファイトビーダマン改造セットパワー&連射

ビーダマン CB-23 クロスファイトビーダマン改造セットパワー&連射

 

 

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

 

 

 

同じテーマの記事

青春兵器ナンバーワン20話・うちのゴローがナンバーワン

青春兵器ナンバーワン

一週分空いての感想です…。前回の感想も書きたかったんですが年度末で色々あって先週はテンパってました。アンドリューさん再登場おめでとうー!本名も明かされて嬉しくなりました。サブキャラにスポットが当たっていくと、連載に落ち着きが出たのかなって少し思います。相変わらずのボケだったよアンドリューさん…!

今週の感想…の前に、少し。久しぶりにブログの管理画面を見たらアクセスが多くなっててびっくりしまして、どうやらツイッターから記事を見てくださったかたもいらっしゃるらしく…ツイッターやってないのでイマイチわかってないんですけど、青春兵器好きなかたが増えてきてるのかなーと嬉しく思いました。
毎週感想を書きながら、この漫画の勢いあるギャグについてダラダラと書いていくのって野暮じゃないかな…と思うことがあるんですけど、ありがたいことに見てくださる方も増えてるようなので、ここへやって来られた方に少しでも楽しんでもらえたらいいなと思っています。ということで、Mission・20感想です。ゴローちゃん!!

青春の醍醐味、放課後のマック。零一がやりたかったことが日常のように描かれていて良かったなーとほのぼの。委員長の見送りも日常になってますが、これについては周りから「北斗ってやっぱ頭おかしいな」みたいに思われてるのかと考えるとちょっとせつないです。いやいいんだ、知らぬが仏でいいんだエージくんは……ただ、ごく当たり前に任務をこなしてるだけって様子なのでこのへん本当青春能力値0なんだなあと納得。

そんな和やかなトリオの前を横切るのは委員長とゴローちゃん。ゴローちゃんかわいい!100円で動く乗り物みたい!!そしてフェレットみたいな生き物に乗る発想の委員長がすごい。歩いたほうが早そうな気がしますが、委員長はただゴローちゃんとスキンシップ取りたいだけなのかもしれない。親バカだからね…!!

ペット交流会場について来てしまった三人。相変わらずキャラごとの顔の違いがツボです。心情が手に取るようにわかる。楽しそうな零一の横でハチが白目になってるところが、後のページと相まって笑えました。親バカになっちゃったと言ってる委員長の後ろのハチも怖いよ顔が!隣りの零一がわー楽しそうーって委員長寄りの気持ちになってるのも笑えます。ゴローちゃんをぎゅってしてる委員長もかわいいよ…

今回もゴローちゃんのセリフがいちいち面白くて、緊張の至り、宿敵と書いて友で吹き出しました。ゴローちゃん、ライバルとは熱く戦って和解するタイプか…。ゴローちゃんは兵器時代、零一に次ぐ実力派だったということですし、案外ふたりは剣や拳でわかり合う関係だったのかもしれない。そしてそんなゴローちゃんを、どういう目で見つめていたのだろうハチは…
慎吾ママプリキュアのアイテムみたいなハートを付けてキレよくリボンを回すゴローの演技が終わったときに、もう限界って帰ってしまったのかなあハチ…。つらいです、ってだけの書き置きがハチの限界さを物語っていて笑いが止まりませんでした。でもハチがどう思おうとも、ゴローちゃんはいましあわせなんです…。彼なりのしあわせを見つけたんです…。難しいなしあわせって…。

そんなこんなでゴローちゃん優勝。委員長がゴローちゃんの声を心の声だと思っている、という設定のおかげで、会場の皆さんもそうなんだな…としか思えないのが怖い。ゴローちゃんが二足歩行しようが何しようが、あの飼い主相当鍛えてるな!!くらいで済んでいそうで笑えるけど真綿で首を締めてくるような狂気を感じます。犬見合いって看板もじわじわ笑えてきます。林間学校の肝試しの図を思い出すなあ…。

お見合いゴローちゃん。そうか、可愛い系よりキレイ系が好みなのね。ってノリノリのゴローちゃんと委員長に決めたの!!?ってツッコミするエージくん。もうこのあたりハチが残ってたら彼の中で何かが壊れそうですね。クラスメイトのペットになったばかりか、好みだなって選んだが犬の雌っていう。読んでるときは笑えるだけなんですが、文として書くとなかなか背中がヒヤリとする内容だなあ…。でもすべてゴローちゃんのキャラがカバーしてるからすごいです。ワンワン言われたあとツバ吐きかけられたゴローちゃんがかわいそうでした。ここにハチがいたら…って考えるとなおつらい。

手酷くフラレて一週間帰ってこないゴローちゃんと、帰りを待つ委員長。しょんぼりしてるエージくんと零一がかわいいです。なんだろう、零一は最近かわいい寄りのキャラになってきている気がする。そこへゴローちゃんの目撃情報を持ってくる有能青春兵器ハチさん。ハチがNO.05って呼んでるところに、うっすらとした闇を見てしまった思いがしました。委員長のつけた「ゴロー」という名前は断固受け入れないんだなハチ…!!野生に帰ったゴローちゃんを見ても、彼呼びしてるところに、兵器としてのゴローちゃんへの思い入れが感じられて、こういう行間を感じられるような話いいなあーと思いました。

なんかゲームの獣キャラみたいな喋り方になってしまったゴローちゃん、強かった。エージくんだけでなく零一とハチの後ろまで取るとはさすが元兵器。でも、彼はペットに生まれ変わったのです!!委員長との思い出が彼をしあわせなペット生活に戻してくれたのです!!エサが野菜ばっかりだ!!イワシ好きなんだなーゴローちゃん。
ここまでめちゃくちゃな展開でしたが、先週のように強引なベタ展開でほんわかとした読後感…。僕は今何を見せられてるんだ!?という感想がぴったりすぎて笑えました。最後のノリノリでフリスビーやってる委員長&ゴローちゃんと、ちょい泣きで喜んでる零一と、静かに去っていくエージくん&ハチ。零一オルタの回もそうですけど、エージくんとハチが微妙な顔をして去っていくオチが好きです。

今週はゴローちゃんと委員長の回だったと思うんですが、出番が少ないのにハチの存在感が大きくて笑いが止まりませんでした。ナンバーズ同士の関係がどうだったかは会話でしか察することが出来ませんけど、はっきりと語られない分、想像して楽しめるのがまた素敵だなと思います。

いまさらですけど、青春兵器20話越えおめでとう…!!!
このままつづけられるところまでつづいて、笑わせてほしいなと思います。

 

眠る1分前に見るわんこの笑顔

眠る1分前に見るわんこの笑顔

 

 

同じテーマの記事