つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン43話・おふくろの味は平和の素

f:id:pm1085:20170906090205j:plain

海野先生ー!!作ってみましたーー!!チャーシューは買いましたーー!!!

ということで、前の記事でしばらく週間の更新はしません…みたいなこと言ってましたが、今週の感想です。自分の中で林間学校回が青春兵器でいちばん好きな話だったんですが、今週の話はかなりのヒットで、たまりませんでした。微笑ましいのに胸が痛い、笑いたいのに泣きたくなる、そんな感情を振り回されるネタは青春兵器の醍醐味ですが、今週は度が過ぎてたなあ…と思いました。エージくんもNo.03も悪くない。ただ、立場が違っただけなんだ…。

事の発端はNo.09くんのお料理ブログ…。インスタ映えを狙わず一人暮らしや主婦向けレシピで押していこうとする作戦、頭脳派です。なんとなくハチが作戦を立てたらインスタ映え特化に行きそうな気がします。最先端をエンジョイするハチ、というのが番外編以来イメージとしてあります。09くんの話す横で魚肉ソーセージを食べてる06が庶民派でこの会話にマッチしているのが笑えます。でもまさか、そのブログを敵方のエージェントが見ているとは夢にも思わなかったのですよね…。

その後、海野先生の料理の虜になってしまったエージくん。いいことなんですよ…お料理のレシピに困らない上、美味しさに感動できる、料理の楽しさに目覚める、いいことづくし。「ひと手間惜しむは一生の損」、胸に刺さります。海野先生こと監修長谷川先生のお母さんのありがたいおことば…。人生の先輩の話は聞いておくべき…。

海野先生のお料理ブログの記念すべきファーストコメントは、お料理初心者エージェントさん。楽しんでもらっているコメントをいただけるとありがたいものですよね…!このブログにもコメントやスターをつけてくださるかたへ、この場を借りてお礼申し上げます!とても嬉しいです!!

エージくんのコメントも微笑ましく、リクエストみたいですみませんのところに笑いました。お料理ブログに実際寄せられそうなコメントで絶妙。そしてうっすらと見えてくる、03のツンデレと、その脇でまた魚肉ソーセージ食べてる06のかわゆさ。

ブログを通じてますますお料理を好きになっていくエージくん。お料理を美味しいと言ってもらえる嬉しさや、美味しいもので盛り上がる会話で、その笑顔がどんどんかがやいていきます。このへんもう、読んでるこっちも笑顔になってきて…そうなんですよ、美味しいって言ってもらえるの嬉しいんですよ…。作ったものに対し魔女宅のニシンのパイみたいなこと言われちゃうとつらくてね…!とほろ苦いことも思い出したりしつつも、エージくんの笑顔にこちらも癒やされます。零一もご飯が美味しくて嬉しいね…。シソをアクセントにした料理は自分も好きで、夏場はきゅうりに和えたり鍋しぎ作ったりしてました。シソうめーーーー!!!(廃棄のアジっぽく)

そしてエージくんに癒やされていたのは一読者だけではなく、03も…。コメントを読んでにっこりの03は控えめに言って最高でした。ツンデレキャラ好きなので余計にきました。かわいすぎる03…!!!横でええ…って顔してる09くんが居るのもまた笑えてしまって。03がこんな顔したの、もしかして初めてなのかな…などと思いました。次は肉だと!?フン…まったく注文の多い…!!って勢い買い出しに行く03がたまりません。かわいいすぎてぶっ倒れたい。

そんなノリノリ03を料理に駆り立てていくエージくんのコメント。僕には母がいません。は販促だと思います。お母さんの味ってこんなのかなあ…なんてコメントよこされたらそりゃ03も張り切るしかないですよ!!コック顔負けでチャーハン炒めますよ!!
エージくんは自分に親が居ないことを軽く思っているふしがあるのでこんな気軽にコメント書いちゃったんですよね…普通ならかなり重いコメントなんですよね…でも03もこれを重いコメントきたーって引かないくらいには、根が真面目なんですよね。あなたの母の味になってやる!って思っちゃったんですよね。このコメントを挟んだ6コマで泣きたくなるのはなんなんでしょうね。
アンヌちゃんが噛みつかんばかりのほのぼのとした一コマ。エージくんも、エージくんの料理を食べたひともみんなしあわせそうで、美味しい料理はまわりをしあわせにするんだなと…しみじみしました。

……で、極めつけの「あなたの料理は僕の生きがいです」
あああ…つらい…めっちゃいいコメントで、そうだよねって思うんですけど、破滅への序曲ですね…って空気が漂っててつらいです。でも笑ってしまう。どうすりゃいいの!
悩める03も本当にいいひとで…台所と書いてラボと読むのが好きすぎます。

料理に入れ込む03に、落ち着いてくれと諭す09くん。しかし03の志は09くんが思うよりも高いところあったのです。真の支配者として人心を慮り、よりよいところへ人間を導きたいという願いが込められていました。……もうナンバーズに支配されたほうがいいんじゃなかろうか、と思ってしまうくらいの03の思想と心意気。03の思いに09くんも涙します。前に従う者の違いですよってハチがキメキメで言ってましたけど、今回03に軍配が上がったと思います。というか最近の零一とハチは、ハチが従っているようで従わせてる感…。

こうして海のトリオこと海野幸恵先生は美味しい料理を広めるべく本気を出しはじめ、お料理部門アクセス数1位!お料理本は大人気の20万部突破!テレビやネットでも話題沸騰!快進撃が止まらない。大ファンのエージくんも涙しながら海野先生のおっかけ。パソコン見ながら泣いてるエージくんに引き気味の零一が面白いです。いつもと立場が逆…というのもありますし、何かにのめり込んでるひとって傍から見るとこんななんだよな…という面白さ。ここで改めて、海野幸恵というネーミングセンスに笑うしかないです。幸せを恵む先生…すばらしい。

そしてとうとう、売れっ子料理ブロガーとなった海野先生、待望の公開お料理教室が開催。海野先生をひと目見るべく、サインをもらうべく、エージくんは整理券1番をゲット。僕はMAPPOのエージェント!1番をゲットするくらいやってみせる!って意気込んでたかもしれません。エージくんの睫毛が際立つ横顔から、感謝と光に満ち溢れたモノローグがはじまります…。これまで無趣味で青春謳歌もままならなかったあのエージくんが、仕事以外に生きがいと思えるものに出会えたということに、読者としては感動しかないんですが、感動だけに終わらないんだということもうっすらと感じていて……しあわせには、いつか終わりが来るだなんて悲しすぎるなと。でも会わなければこの話は終わらない。

ということで登場!!海野幸恵先生でーーーす!!ちゃんとお母さんっぽいおばちゃんだーーー!!セリフのフォントも変わって、キャラ作り完璧だーーー!!!
だから、騙されてほしかった!!お料理初心者エージェントさんも騙されてほしかった!!もうエージくんの傷ついたアップに心が抉られてしょうがなかったです。泣きそう。でも(ギャグが)落ちた!!って笑いのゲージも解放されてどうしていいのやら。今週のジャンプはドクターストーンが巻頭で面白いわロボレーザービームが掲載二番目で試合も熱くてキャーー!!でテンション上がってたんですけど、すべてエージくんの悲しみに同化してしまいました。

他のファンの皆さんが海野先生のギャグに笑っている中で、エージくんは虚ろ…。09くんの加速料理に湧いている中でエージくんは虚ろ…。超硬化による卵割りと06の剣技でうつろうつろ。天使創造すなわち光。でもこの流れてしまいそうなコマひとつひとつに書かれてるお料理豆知識がめっちゃ役に立つ感じで…海野先生流石です…!!湯通しが面倒なときは電子レンジ!!便利です電子レンジ!!油をたっぷり使うと卵ふんわり、カロリーなんか気にするな!!自家製巨大チャーシューもわざわざ作ってこられたんですね…!!って感動しました。育ち盛りの子供も喜ぶよねチャーシュー。ネギを添えたらお父さんも喜ぶつまみにもなりますよね。家族の喜ぶ料理を提供してくれる海野先生最高です!!!そんなチャーシューはMAPPOの巨大戦艦を沈めた海神剣によって食べやすいサイズにカットされました。

海野先生の公開お料理教室は大盛況のうちに幕を閉じ、引きつづきサイン会へ。フー…ってやりきってる海野先生こと03さんがもうかわいい。ずっと笑顔だね03さん。おかんヘアも似合いすぎて…大好き過ぎます…。
そんな海野先生のことが、大好きだったんですよ、エージくんも。母の味を教えてくれたひとであり、生きがいをくれたひとでもあり、僕の光でもあったんですよ…。本当、笑っていいのか泣いていいのか。立ち去らずにいちばん最初にサインの列に並んだのは、ショックよりも感謝のほうが大きかったのかな…と考えたりすると目頭が熱くなります。

エージくんを前に、固まってしまった海野先生(と09くん)の心境を考えてもせつないです。思わず素の声に戻っちゃった03さん…。なんなんでしょうね、どうして世の中にはままならないことが溢れてるんでしょうね。エージくんも03も、ただお互いを支えにしてただけなのに…美味しいごはんで笑顔になりたかっただけなのに…。なんともいえない読後感に、どうしたらいいかわからなくなりましたが、とりあえず野菜炒め作ろうと思いました。冷蔵庫にはちょうどししゃもがあるしさぁ…。

エージくんと海野先生との交流にも胸打たれましたが、今回の話を読んで、本っっ当、実家に帰りたくなりました。お盆に帰ったんですけどね…!自分の家は父が料理好きで、作った料理をノリノリでインスタにアップしてお料理好きのかたと交流してるんですけど、もう手間暇掛けて作ってくれるので美味しくて!帰りたい!!って心底思いました。お父さんの料理大好き!!!長谷川先生はお母さんを大事になさってね…!!!ていうかお母さんのお料理豆知識とかレシピをコミックスのおまけページに載っけてください…!!!青春兵器読者の主婦と一人暮らしの人はありがたいと思いますよ…!!(ニッチな要望)

今後、エージくんは変わらずに料理をつくるのか、海野先生は人気料理ブロガーとして活躍しつづけるのか、コマの隅でいいのでちらっと見たいなあと思います。

    

The基本200 (ORANGE PAGE BOOKS)

The基本200 (ORANGE PAGE BOOKS)

 
ゆーママのおうちカフェレシピ (扶桑社ムック)

ゆーママのおうちカフェレシピ (扶桑社ムック)

 
基本のきちんと和食―知っておくと、料理上手に ! (主婦の友実用No.1シリーズ)

基本のきちんと和食―知っておくと、料理上手に ! (主婦の友実用No.1シリーズ)

 
たっぷり作ってずっとおいしい! 野菜おかず 作りおき

たっぷり作ってずっとおいしい! 野菜おかず 作りおき

 
青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

 

  

同じテーマの記事

ROBOT×LASERBEAM 1巻感想・メガネよ少年に帰れ

ロボレーザービーム1巻の感想です。発売を心待ちにしてました…!っていうのを書いてたのが7月のことだったんですが、書きかけのままアップ出来ずじまいでした。これエグゼイド観ながら書いてたんですよね……エグゼイドお疲れさまでした…面白かったです!最終回も大団円で良かったです。日曜の憩いでした!!Vシネ楽しみにしてます!!…あと社長の所業は誰も忘れてないから…(笑)

と、横道に逸れましたが、コミックス感想です。記事タイトルはコミックス派のかたはなんのこっちゃだと思います。思い切りジャンプのネタバレも交えて書いています。

1巻発売日の少し前くらいに妹から公式ツイッターで告知してるよと教えてもらい、ツイッターはやってないんで慌てて見てきました。公式アカウント開設も嬉しかったですし、カウントダウンイラストも素敵でした!一発目から理音先輩でしあわせでした。発売当日のイラストがロボくん&トモヤくんで感動でした。トモヤくんが居なかったら物語は動いてなかったんですよね…。

で、タイトルにもあるんですが、1巻の表紙。本屋で見たとき、あーこれこれ、これですよ…と、懐かしいような気持ちになりました。ジャンプ誌上ではメガネを外して久しいロボくんですが、1巻の表紙で久しぶりにメガネ姿を拝めて、やっぱメガネ有りのほうがしっくりくるなあ…としみじみしました。個人的にはメガネがあったほうが断然好みで…あのぶっとい黒縁メガネが好きで…横顔のときとか特に素敵で、ロボくんはもう体力ついてきてるしぶっ倒れないと思うのでメガネカムバックしないかな…とうっすら期待しているのですが…どうだろうなあ…。とはいえいまのロボくんも好きで、メガネが無いことで生まれている格好良いカットもあるので(今週の集中するシーンとか)、どっちのロボくんにもそれぞれ良さがあってジレンマ。とりあえず練習試合後にメガネが帰ってくる展開が無かったらすっぱり諦めます!!メガネのことしか書いてない!!

さて本編の感想です。とその前にコミックスの見どころであるおまけのページですが、ゴルフづくしでした!全ページが藤巻先生による手書きゴルフ解説。先生の前書きもそうですが、本当にゴルフがお好きなんだなあと情熱を感じました。みんな気楽にゴルフやろうよ…!って手招きをされているような感覚。でも先生は週刊連載で年二回くらいしかゴルフ出来なくなってるというせつないお話を先日のインタビューで読みまして、一週間のうち数日を机に向かうだけに費やしてる青春兵器の長谷川先生の時間が藤巻先生に飛んでいったらいいのになと思いました!ままならない!でもゴルフしたいってパッションはほとばしってると思います!

ゴルフの解説についてはジャンプでもコラムが掲載されているのでそのまんま使われるのかなと思っていたのですが、あのコラムには毎回コミックスの宣伝スペースも入ってるので収録されないのかも…?とにかくこれでコラムの切り抜きが捨てられないな!とおまけページを読んでいて思いました。

先生の解説のほうは本編やキャラを交えての解説という感じでときどきクスっとくるところがあって、ジャンプのコラムとはまた別に楽しめておいしいです。鷹山くんに言われてロボくんが試し打ちしたシーンでは「マネすんな、絶対。」って太字で書かれていて、もう笑うしかありませんでした。次巻のロボくん&理音先輩のページはどうなるんでしょうね…!!あと作中で使われているクラブを実際に買って使ってみたというところもすごいなあ…と思いました。実体験からくるお話ってそれだけで楽しいというか、最近だとドクターストーンで出たねこじゃらしラーメンを稲垣先生が実際に作って食べられたというお話もワクワクしました。

そして、本編。アオリでも本誌掲載時とはちょっと違うコミックス1巻!みたいに宣伝されてて笑ったんですが、連載時と大きく違うロボくんの瞳。ハイライトが加筆されて、より感情っぽいものが伝わりやすくなって…るのかもしれないような…ロボくん好きなので客観的に見られないんですが、ハイライトがあることで親しみやすさはアップしてるのかなあという気がしています。個人的にはロボくんのベッタベタ黒塗りの瞳とロボっぽい外見が好きで、というのも小坂理絵先生のとんでもナイトの小次郎くん(←正真正銘ロボで首がよく落ちる)が好きでしょうがない中学生だったので、むしろロボっぽいの歓迎!!なんですが、いまはコミックス読み返しまくって慣れました。メガネの次は瞳の話で本編触れてないんですが、でも加筆前の、ボールを打つときだけハイライトが入る描写が、まるでボールしか見えてないって感じで素敵だー!と思っていて、そういうわけで個人的には避けられぬ話題でした…おかげで切り抜きが捨てられない。

あとちょっと変わってたのがロボくんのショットの描写ですね!コミックスでは光の粒っぽいものが加わってよりビームっぽい感じに。表紙のデザインもおそろいにしてきてて細やかだな…!と。
ストーリーも好きですが、作中で素敵だなと思うのが打ってるところの描写で、いやもう見た目も性格もイケメンなかたはそこに居るだけで華やか!って感じなのですが、そんな格好良いキャラが格好良いアングルで格好良いショットを打つっていうのは本当に目の保養だなと思います。特に鷹山くんのシーンは迫力もあって格好良いです。一方、1巻のロボくんはまだ、よしとりあえずやってみるかという状態ですが、いま(ジャンプ内では)ここに気持ちと熱量が加わってきてて、本当変わったな…成長したな…としみじみします。

それにしてもロボくん、一話から読み返すと本当に誤解されやすい、親しくなるまで時間がかかりそうっていうのが追体験出来そうなキャラでした。それがまた楽しいんですが、しかしこのロボくんとすぐに打ち解けたトモヤくんと主将の柊さんは本当にすごいなと思います。特に柊さんは取り敢えず何言われても相手のお話を聞くぞって姿勢を崩さなくて、なんてお気遣いの紳士…と思わずにはいられません。重ねた勧誘も実って良かったですね!!と最後、ならないのも笑えてしまいますが、ただここを区切りに1巻と2巻で柊さんのキャラもだいぶ変わってくるのも面白いです。

1話からジャンプで読んでいますが、コミックスで一気に読むとまた受ける感じが違うなあと思いました。特にコミックスで読んだほうが、鷹山くんがグイグイきてる感じがします。鷹山くんVSロボくんについては出会うまでにプチすれ違いがあってリアルタイムで読んでいたときはやきもきしたところもあったのですが、コミックスだと知り合ったと思いきやいきなり勝負を申し込み、いきなり下の名前で呼び(フレンドリー!)、そのままゴルフ場へGO。勘違いだった!泣けた!じゃあな!え、そっちが探してた奴!?再度勝負だ!!不真面目な奴には負けないぜ!!って、めっちゃ忙しい鷹山くん。めまぐるしい鷹山くん。命賭けてやってるんだからそれくらい当たり前だっていう。

礼儀正しい好青年でなければ鷹山くん、ちょっと怖いひとだ…!!っ思うのですが、そこは鷹山くんの人柄とロボくんの薄い反応とトモヤくんのガヤで中和されているのでした…。そして多分礼儀正しくなく好青年でないので次巻お目見えの帝王さんはヘンタイ扱いされてしまうのだ…。日頃の行いって大事だなあ…どっちもそれぞれ見てて楽しいですけど。

鷹山くんの押しがすごい1巻でしたが、これくらいの強引さとスピーディーさがなければきっとロボくんはトモヤくんについて行かなかったし巻き込まれもしなかったのかな、なんて思いました。スポーツの楽しさって何?で、勝負事には興味ナシなロボくんには、周りが戸惑うくらいの情熱を見せないと興味を持たなかったんじゃないかなと。そして純粋に天才のすごいプレーを見せられて(控えめながらも)心揺さぶられているロボくん、という展開は熱いな!と思います。

あと週間で読んでたときは気づかなかったんですが、1話で鷹山くんが登場したときのシーンと、ロボくんが鷹山くんとの勝負で最後に打ったシーンが重ねられていたところがとても印象的でした。打ったボールを見つめて、うん、って言うだけなんですけど、それだけで鷹山くんがロボくんを自分と「同じ」だと感じるには十分な描写で、こういうの細やかでいいなあ…と思いました。1話の鷹山くんがその場面で無意識であることも「直感する」という事実を補足しているようで、ロボくんと鷹山くんの出会いがより運命的に感じられて好きです。あと何度読んでもロボくんのボコボコ抉った箇所をせっせと埋めていく鷹山くんがいいひと過ぎて好きです。

そんなこんなでゴルフはやらない→ゴルフやる、になったロボくんがいざゴルフ部へ入部となるのですが、言葉で受け取った事をそのままするだけで拗れることが往々にしてあるのだな…と、そんな1巻ラストでいつも笑ってしまいます。ロボくんは烏丸先輩が言ったことをそのまましただけなんだ…言いかたがよろしくなかっただけで…。入部希望のロボくんに向けて「やぁ…!」って言う笑顔の烏丸先輩のコマ、ここジャンプでは普通の白背景だったのに、コミックスではめっちゃ嬉しそうな線に満ち溢れてて笑ってしまいました。烏丸先輩の気分をより落としたろ、とこの線を描き加えた先生のことを思うと笑いが止まりません。ひどい。

いまジャンプでご活躍中の先輩たちの登場で1巻は締め。ああー理音先輩!!!初登場時は少し顔が幼い感じで、1巻読んだあとに今週のジャンプ…って読み出すと、男前度跳ね上がってて心臓に悪いです。先輩感がアップしてますね。今週のセンターカラーでは何故かいちばん手前でしたが些事です、カッコいいです!!理音先輩大好きで、先輩が出てるだけで一週間頑張ろうという気持ちになれます。

正直、ロボレザを読む前まではゴルフにあまりいい印象を持ってはいませんでした。こう、仕事やら家事やら子育てやらで疲労がたまる金曜日ごろ、週末はゆっくりしたいよね…なんて思っているときに、来週末と月末にゴルフ行ってくるからーなんて家族に言われますと「ああん…?そりゃあちょっとお高い肉をゲットしてもらわんと割に合いませんなあ…?」(←コンペの上位の人は美味しいお肉がもらえることがある)と、正直かなり気持ちがささくれ立ってたんですけども、いまは週末ゴルフと聞いても、ああそう行ってらっしゃーいという気持ちになれます。理音先輩のおかげです。大好きです。ありがとうロボレザ。

読み返してみると1巻はシンプルな内容だったなと思います。ロボくんという人物と、得意技の紹介。ライバルの登場と再戦の約束というドラマ、これから関わるひとたちとの顔合わせ。ゴルフのことをわからない立場ですと、ゴルフの単語やルールなどを覚えつち物語を追うのでこれくらいの情報量がちょうどいいです。そしてシンプルではありますが漫画の土台とな情報は出されているので、それらがいまジャンプでやってる練習試合につながっていって、蒔いた種が花開くように活きてきているのが素敵で面白いと感じてます。

2巻はレギュラーの先輩たちに一年生の皆さんにマネージャーの凛ちゃん、監督さん、そして濃ゆい帝王様も登場であちこちで物語が動いていて盛り沢山ですね。2巻を読んでから1巻を読むと、鷹山くんは本当いらんことをテレビで言っちゃったな…とニヤニヤ出来るなと思うとまた笑ってしまいます。2巻の発売がいまから楽しみで仕方がないです。あと一ヶ月もあるだなんて…と思うと待ち遠しいですが、表紙予想なんかしてワクワクしていたいなと思います!

   

bruder.golfdigest.co.jp

 

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックス)

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックス)

 
少年よ我に帰れ

少年よ我に帰れ

 
ROBOT×LASERBEAM 2 (ジャンプコミックス)

ROBOT×LASERBEAM 2 (ジャンプコミックス)

 

 www.mangaz.com

www.mangaz.com

同じテーマの記事

青春兵器の好きなキャラアンケート・結果発表

f:id:pm1085:20170831044305j:plain

 当たってました…!思ったより揺れるのでかき氷入れて食べました。

 

青春兵器の好きなキャラアンケートというものを6月ごろにやってたのですが、結果を書かないままでいたので遅ればせながらのアップです。投票に協力してくださった皆さま、どうもありがとうございました!!このブログに来てくださるかたはどのキャラが好きなんだろう…と気になってたのでとても楽しかったです!!あとはジャンプ誌面で青春兵器の人気投票が見られたらいいな…と願うばかりです。

 

青春兵器ナンバーワンの好きなキャラ 

1位:北斗英二 (9票)
割合で見るとダントツの一位でした。正直、1位はゴローちゃんかハチだろうなと思っていたのでびっくりでした。さすが主人公…。あと作中で比較的感情移入のしやすい貴重なキャラだからかもしれません…。
かくいう自分も個人的には一票入れるならエージくんで、苦労人でありながらそれをあまり感じてない、感じさせてない、開き直ると強い、前向き、たまに壊れる等々、好きなところがたくさん詰まっているキャラです。青春兵器を読むたびに、エージくん自身が青春を謳歌してくれるようになったらいいなと願っています。 

2位:難波零一/白百合アンヌ (3票)
よかったね零一!アンヌちゃんと一緒だよ!!零一はその存在故にトラブルメーカーではありますが、いい加減にしろとならないのは、悲しい兵器の運命を背負ってるところと、よく泣いて可愛さポイントを積み重ねてってるからかなと思います。最新話のように成長を感じさせるキャラでもあるので、見ていて和みます。
アンヌちゃんもすっかり女子高生になって…!!って涙腺緩むときがあります。自由に生きているアンヌちゃんを見てると高校生楽しそうだな…って、なんか暴飲暴食したくもなり…でももう胃が受け付けてくれない(笑)ちゃくちゃくと零一と仲良くなってるところもいいなあとほんわかします。青春兵器ではシリアス展開出来そうなネタを惜しげもなく数ページのギャグに落とし込んできますが、零一とアンヌちゃんという兵器とエージェントのロミジュリ展開は来るのか来ないのか…それも楽しみです! 

4位:さい藤さん/七倉潤(委員長)/南場ハチ/ゴロー (2票)
ハチとゴローちゃんが意外にもこの順位で…!!青春兵器の救世主ハチと人気回に必ず出るキャラであるゴローちゃんのツートップかと思いきや、まさかの結果でした。これはあれでしょうか、好きだけど本命じゃないってやつでしょうか。あるいはなんだかんだ言って彼らの時折見せる兵器としてのヤバさが、彼らを心のナンバーワンキャラにはさせてくれないのか…(笑)
偶然ではありますが、このキャラの並びは実に狂気に溢れていると思います。そこがまた好き…! 

5位:軟葉ナナ/担任の先生/NO.12(遊園地回に登場) (1票)
ナナ姉と担任の先生に入ってて良かった!あとシングルナンバーズ以外のファンのかたもいらしてて笑顔になりました。個人的にはカラオケ回の死神も大好きです。待っててくれる律儀な敵でした…こう、メンバーが多い戦隊の名乗りを待ってあげてる敵キャラみたいなやさしさ…。

 

 以上、好きなアンケートの結果発表でした!
アンケート当時はツーくんが出てなかったので、ツーくんも選択肢に入ってたらどうだったかなあ…と思いました。ツーくんは赤ちゃんモードが面白くて反則だな…と思います。エージくんの養子設定は本当ずるくて好きです。

これまで2回アンケートを行いましたが、どちらも楽しかったのでまた折を見てアンケートを設置したいなと思います。好きな回アンケートのほうは、前回25話の体育祭までしかアンケートに含められなかったので、50回くらいになったときにまた出来たらなと思います!!

   

同じテーマの記事