読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン・1巻感想&ヘタッピマンガ研究所Rのサイトウさん

いまさらながら、単行本1巻の感想です。各話については記事で語ってしまってるんですけど、まとめて読んで思うことや、ジャンプ本誌の展開から振り返ると色々楽しいのでまた書きます。あとは、1巻を語る上で欠かせない担当編集の齊藤さんのことも。

単行本を買ってすぐカバーを外したら、案の定おまけがあって嬉しかったです!カバー裏の遊び心大好きです。今回は零一とエージくんの百面相。零一は頭だけ並ぶとおかっぱ感が強いな…と思いました。いつもはヘルメットみたいな頭って思うだけですが、サランラップのCMの女の子に見えてきて可愛い…。ちなみに零一の好きな顔はカラオケ回でハチに励まされてたやつと、う○この衝撃に耐えられないすーんとしたやつと、セピア色の涙目です。涙がつーっと流れるより、うるうるって目に涙溜めてるときの零一が可愛いと思うので、長谷川先生、どんどん泣かせてください。

エージくんの百面相に関しては、①の通常モードがいまはもう懐かしいものになっていることが嬉しいですね。③のやれやれ…って顔も好きです。近頃はこれが進化しておじいちゃんみたいな顔ですからね。すごい進歩だ…と言っていいのか。個人的には委員長に挨拶するときの、なんともいえないフツーな顔が最高にツボでした。エージくんと委員長の今後を見守りたい立場としては、かなりかわいかったこれ…。ゴローちゃん回のご機嫌だね委員長って声かけてたときもときめいたけど、この顔だけで1巻ありがとう。でもふたりに何もなくてもいいんですよ…。エージくん=仕事熱心、と先生の総評にもあるように、エージくんはまだ青春に染まってないんだろうなと思います。仕事人間から変われるかエージ!?っていうのが青春の今後の見どころかなと思ったんですけど、エージくんから仕事を奪った結果、夏休みのアレになったので、彼は一生仕事人間なのかもしれない…。と、定年過ぎても働きたくてしょうがないという自分の母親を見ていると、エージくんはきっとそういう人種なのだろうと思うのです。「仕事してないと気が狂いそうになる」が口癖の母…。

前置きが長くなりましたが、1巻を読み返すと、絵がちょっと違うな!と本編と見比べてちょっと感動します。毎週の感想の時点でいつも書き忘れるんですけど、最近の青春は筆がノッてきてるというか、描き込みが増えているのにすっきりして見やすさがアップしてる気がしています。でも絵が簡素になってるわけじゃなく、表情は豊かで楽しくて!…となんか上から目線でブツブツ言ってますが、絵的な面白さに拍車が掛かってる感じがまた読者としては楽しいので、このまま出来るだけ長く読んでいたいなあと思います。

そして単行本といったらおまけのページですが、制作秘話がまた面白かったです。素敵なアオリをつける担当さんは齊藤さんということが判明。どうでもいいことですけど、齊藤編集のことを「さい藤さん」と書いてあるところに、齊藤の齊の字を忘れちゃったけど間違えて書くと失礼だからみたいな先生の礼儀正しさ(?)を垣間見た気がします。知り合いに齋の字の齋藤さんが居るんですけど、齋の字間違えられると腹立つ!!って目の色変えるくらいなので、なんかそれを思い出しました。斉と斎と齋と齊は違うんだよ!という。名字を正しく書かれないって普通に失礼なことではありますが…そういうことを思い出したら先生の書き方がまた笑えました。ちゃんと調べて書けばいいんだよ!!

で、齊藤さんと聞いて思い出したのが、村田先生の描かれた『ヘタッピマンガ研究所R』に登場する編集さん。お名前がサイトウさんだったな…と思ったら、まさにこのさい藤さんでした。
ヘタッピマンガ研究所Rは、サイトウさんが村田先生と漫才のようにボケツッコミしあいながら漫画の描き方を学べる本で、当時アイシールド21が大好きだったわたしはついつい買っていました。漫画を描くノウハウについて語るゲストの先生が好き!というのもありました。松井先生好き!!冨樫先生の話楽しい!!

さて、ヘタッピの作中ではまだ新人編集であったサイトウさん。25にもなって仮面ライダーにお熱、クソがァァァが口癖の変わり者、いちご100%の東城好きとキャラてんこもり。村田先生といろんな先生にインタビューに伺う後編は特に好きなんですが、この取材で学ばれたアドバイスが青春のおまけページからもちょっと垣間見れて笑えます。もちろん漫画としてフィクション満載なんですけども、冨樫先生に新人の頃何をやったほうがいいかを訊ねられてるサイトウさんのシーンを読むと、長谷川先生に活かされてるんですかそれは!?みたいなツッコミをしたくなり、担当と漫画家の信頼関係についてのいい話で「オレの担当してた新人にも聞かせてやりたい」とか言ってて、大丈夫なのか長谷川先生は!?…みたいな、一人遊び&妄想が炸裂ですけども、先生とさい藤さんの現在はいかに…なんて考えると、もう楽しいです。青春1巻のおまけで笑われたかたはヘタッピ~を併せて読まれると更におまけページが楽しめると思います。
青春兵器本編の話がねえよ!!って状態になっててすみません。

1巻は7話のダンス話まで収録ですが、読み返してみると、この回でキャラの役回りが固まったのかなあ…などと思います。青春エキスパートのハチ、困った機能満載の内弁慶零一、ツッコミ仕事人エージくん、意外と行動派でノリがいい委員長。次巻ではここへアンヌちゃんとゴローちゃんも加わってくるんですよね。東くんは
話数的に3巻になるのかな。まだシングルナンバーズは三人しか出てませんし、ぜひ01~09まで出てほしいです。そして009的なネタもぶっこんできてください。(009好き)

話にまとまりがなくなってきましたので、このへんで…。
2巻は4月ということで、どうかそれまで本誌でつづいていてください!!

 

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

 

  

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

 

 

 

同じテーマの記事

青春兵器ナンバーワン18話・青春謳歌アンヌちゃん

今回は珍しく前回とセットっぽいお話ということでした、Mission・18感想です。前回の内容と合わせると零一とハチが酷すぎますね!恩を仇で返してる!狂った友人を止めたいエージくんが不憫でかわいかったです。今回ギャグ調じゃない顔を描かれたとこが犯行現場でぎょっとしたところのみって!!酷い(笑)そして東くんはまごうことなきイケメンでした。東くんいいなあ…。東くんがキャラとして掘り下げられて楽しかったので、他のキャラにもどんどん広がっていくといいなあと思います。個人的には担任の先生のお話が見たい。

これより我らは修羅となる!!…今週のアオリだけで腹が痛くなりました。修羅になった結果がデートもどきをぶちこわすのみという、なんともささやかな…でも恋する高校生にはどでかいイベントなのです!!零一には、お前アンヌちゃんの恋人でもないのに…!!と言いたい。ストーカー気質ここに極まれり。

アンヌちゃんが気になったよ→アンヌちゃんの好きなものを知ったよ→今日一緒に帰らないー?の流れるような展開の美しさよ…。恋は早いもん勝ちなのです。待ってても恋に発展することなんて無いんだよ、と少女漫画脳の零一と青春の現場の第一線で活躍する東くんとの差が浮き彫りに…!ただ今回の話、実質ハチVS東くんなんですよね。零一はひたすら泣いて震えて吐いてヘパァ~~~って言ってるだけで。だめだ、ヘパァ~のコマが面白すぎてまたお腹痛いです。(いつも漫画見ながらこれ書いてます)

零一の目で測れる青春能力値。久々に対青春機能が出てきたなーと思ったら、三浦春馬。ここすごく笑いました。三浦春馬のチョイスが絶妙すぎます。イケメン俳優の流行も早いのでいま注目のイケメン俳優って言ったら…というと別の方の名が上がりそうなのですが、三浦春馬さんのちょっと最前線と間隔が開いている感が、この青春にかじりつく零一たちっぽくっていいなと。時間を取り戻せっていう雰囲気にマッチしてるなあと思いました。勝手な妄想ですけど、これ字面でも選んだんじゃないかなあと思います。イケメン俳優で「春馬」って名前だけでカッコよさが滲み出てくる気がします。青春の字ともつながってますし。と、そんなことはどうでもいいんですが。

そんなわけで、ここからは青春能力値:三浦春馬VS2087の非常に高レベルな戦いが!!そんなでもなかった!!しかも陰湿だった!!ハチがダークサイドに全振りしていくとこうなるんだなあ…というのを目の当たりにしました。零一がしっかりしてたらハチもまともなんだろうな…。
数々の妨害も空振りに終わり、恋人っぽいやりとりを確実にこなしていく東くんとアンヌちゃん。アンヌちゃん、結構世話焼きなところもあるんだなあ…とほんわかしました。もしかしたらこれまでは非戦闘員の日常に馴染んでなかっただけで、これがアンヌちゃんの素なのかなと思うと微笑ましいです。爆弾踏んで東くんに支えられたときのへの字口アンヌちゃんは大変かわいいです。への字口キャラ大好きですよ…への字口愛…。ありがとうハチ、大好きからの間髪入れないビンタは酷いけど笑いました。三浦春馬のせいじゃない、天罰だ。

尾行中は終始おかんみたいになってるエージくんがまたかわいいです。アンヌちゃんに対するエージくんはおかんというかお兄ちゃんというか…じじくさいって言っていいのか…。青春の波に乗れないところがまさに春の過ぎたじいさんぽくて、青春能力値0も頷けるなと思いました。エージくん的には、あくまで自分はエージェントであって、心の根っこのところでは学生になりきれてないのかもしれない…。夏休み回なんか仕事無くて暇すぎて死にそうって、定年退職後のおじさんのようでしたし、今回もアンヌと東くんをエージェントと一般人と区別するあたり、根っからの仕事人…仕事=人生なんだろうなあエージくん…。こう書くと、アンヌちゃんのほうが日本の高校生に適応してますね。そしてハチの異様さが際立つと。

スイーツめぐりから雑貨屋へ…っていうのがあるある…というか、すごくらしくて楽しかったです。能力値10あたりの並の男子だったらスイーツめぐって終わるんだろうな…そこからふたりきりの時間をどう発展させるかが肝!な感じのところをさらっとこなす東くんはまさに三浦春馬でした。恋敵専用兵器は吹き出してしまって声に出して笑ってしまったんですが、これ恋人が出来たあとはすごい使えると思うよ!!あと折りたたみ持ってるアンヌちゃんかわいい…。相合傘でもう帰るかとおもいきやファミレスに行くあたり、さすが三浦春馬。完敗兵器ナンバーズ。

ファミレスで見守るエージくんは、お見合い見守ってるじいさんか!!っていうくらいの顔で笑いました。あとは若い者同士で…とか言ってても違和感がない。そんなエージくんの後ろでは、抜け殻すぎる零一と思い詰めた表情のハチ。ハチ怖い!!過去見ない顔をしてて笑いが止まりませんでした。そこから犯行までの時間も実にすみやかで酷い。三浦春馬に首トンしたのかなあ2087…青春を謳歌する東くんとハチは、行動派というところでも似てるんですね。犯行現場の東くんのキラキラとハチの背負う翳りの対比がもうお腹に響いて仕方ないです。貴様ーーー!!ってエージくんのツッコミがまた笑うしかない。零一のためなら人間のひとりやふたり…という発想は、あ…そういえばこいつ兵器だった…とこちらが思い知るには十分でした。

ハチがここまで追い詰められるって相当だと思うんですけど、青春能力値2087の猛者だからこそ、三浦春馬の凄さをひしひしと感じてたのかもしれません。ハチは元々の素質もあるのでしょうけど、基本真面目で努力を惜しまずにいるからこの数値なので、天然物というか天性の資質、奇跡の存在にどうあっても敵わない恐ろしさを感じていたのかも…って、そんなどうでもいいところばかり勝手に妄想していましたが、これまでわりと青春という舞台ではハチが一強というか、ハチがいればなんとかなるって感じがあったので、ここへハチに対抗しうる存在が生まれた!って変化があって楽しいなあと思いました。ライバルがバチバチしてるの好きなのです。

って、ここまでの話で本来東くんと戦うべき零一がまっっったく戦ってないところが酷いです(笑)挙句自分をあっさり捨てて借り物のイケメン人生へと旅立つという…。零一に乗っ取られた東くんを見ると、イケメンの要素は顔ばかりではないのだということがはっきりとわかります…イケメンは女子の前でう○こ言わないから!(しかも食事中)でもアンヌちゃんも言っちゃったよ!!女の子が汚い言葉を使っちゃ駄目!!エージくんが本当、見守りじいさんのようである…
ただ、罪悪感0の零一に「もうお前なんか友達じゃねぇぇ!!」って言ったところは、子どもっぽくていいなあと思いました。ちゃんと零一のことを大事な友だちだと思ってるんだなあ…。お前なんか友達じゃない!ってこのセリフ自体は小学生くらいで言うような内容のように思いますけど、少しずつ年相応というか、失われた時間を取り戻しているように見えてほほえましいです。勢いとテンポの良さに笑わされつつ、あったかくなれるのがこの漫画の好きなところです。

非情なドタバタ劇も、アンヌちゃんのかわいさにより閉幕。アンヌちゃん、いい顔して笑うようになったなあ…。プレゼントの名前を見て、委員長のことをジュンって呼んでるんだー!ってめちゃめちゃほほえましくなりました。アンヌちゃんかわいい。アンヌちゃんもフツーの女子高生みたいな青春を楽しみはじめてるんだなあ…
作中ではまったく語られてませんが、アンヌちゃんもエージくんと同様になかなか重たい生い立ちなのかなあと想像しています。サバサバとしてるところや、男子と食べ物を分け合うことに何も思わないとか(フツーにやさしいだけかもしれませんが…前線で食糧難になったときの経験からそれが当たり前になっていそう…)、MAPPOの訓練校以外の世界を知らない感じが、エージくんに重なってなんともせつなくなるときがあるんですが、零一似のマスコットを掲げて笑ってるアンヌちゃんはいきいきしててとてもかわいくて、アンヌちゃんも(自覚はないけど)何かを取り戻してるのかもしれないなあと思いました。

事の真相がわかり、速やかに土下座するハチは、やっぱり2087の強者だと思いました。零一、バカって呼ばれてるけど、初対面の眼中に無いところからはかなりランクアップしてるからがんばれ!!
今週も笑いすぎて楽しかったです。来週も楽しみだなあー…

 

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

 

 

  

同じテーマの記事

青春兵器ナンバーワン17話・容疑者01への献身

先日、長谷川先生に出したファンレターのお返しをいただきました!!直筆イラストサイン入りだったーー!!!家に帰ったら受け取った家族が目立つ棚の上に飾ってて、漫画家さんからハガキ来たのすごい!って騒いでたんですけど、こっそりファンレター出してたのでめちゃ恥ずかしくなりました…。でも嬉しかったです!!先生の書かれた返信も長くて恐縮でした。週刊連載でお忙しい時にありがとうございました…。メダカに生命の尊さを見出した先生の姿を垣間見た思いです。これからもアンケ出して応援したいです。ということで今週のMission・17感想です。

今週まずびっくりしたのが掲載順でした。いつも真っ先に読んでるんですけど、めっちゃ前だった!!!嬉しさよりもどうした青春!?ていうかこのあと何かよくないことが!?と挙動不審な反応しか出来なかったんですけど、何度か読んでようやくしみじみ嬉しさをかみしめています。アンケートって8話前あたりがどうのこうのって言われてますが、これカリスマ美容師のおかげだったらすごいなあ…(アンヌちゃん効果だと思うけど…)
そんでもって青春読んだあと頭に行って、新連載がモロに青春一話狙い撃ちみたいな内容でジャンプ酷すぎる…。新連載の作者さんにしても渾身の一話が「これ見たことある」とか「青春だろ」と言われるのはせつないだろうなと思うので…、作品の毛色も違いますし、それぞれ作品が立てられるといいですよね…。青春がんば!!!!!

本編です。体操着が盗まれる…。もう先生のシリアスな顔だけで笑えてしまう…。目撃証言の二頭身で頭にネジの図で、これ難波のことだー!!って流れ、普通のようで普通じゃない!この当たり前のように零一(とハチ)が受け入れられてるのが再確認させられて笑いました。先生が泣いて、エージが泣いて、ハチも泣く。零一的には勘弁してくれって展開ですけど、自分のために泣いてくれるひとが3人もいるって、さりげなくいいなあと思うシーンでした…。ハチが地面に手をついてよよよって泣くの好きです…。

そして今回、颯爽と再登場したあのニコニコ男子、東くん。林間学校のときに一緒の班でしたけど、2話で傷だらけの零一を抱きしめてたひとでもありました。あのころからカラッとした心身イケメンぶりを発揮していましたね…。東くんの背負うキラキラがまぶしい。ファンクラブ持ちで男からの人気も高いのには頷けます。1-3の光って、この漫画二つ名好きだよなあ…。東くん、委員長、ハチがクラス人気トップ3なとこも笑えました。もう、ハチすごすぎるよ…。メガネ無いのにクイってする仕草かわいい。ふきだしまでキラキラな東くんすごい。

東くんもたいがいボケですが、委員長とは違うタイプのボケなんだなあ…と感じた犯人探し。委員長は天然よりのおおらかボケで、東くんはポジティブ解釈ボケ。二頭身で頭にネジささってる奴くらい他にもいるって!って、キャラ付してる先生の自虐っぽくて笑えました。(新連載読んだ後はまた味わい深くなりましたけど!!)
ハチのプロファイリングかっこいい…こういう理知的なところがポイント高いんだろうな…そのあと零一の不利を悟って適当ですからねって切り捨てられるのも素敵だよハチ…!!さりげなく後ろのエージくんの反応も好き。

今週もゴローちゃんが登場。ガシャァァァンって檻から出てくるところがちょっとものものしいのツボです。もうこいつ何しに来たんだよ!?ってツッコミも笑えましたがその吹き出しの横でちゃんと東くんが光ってるのも笑える。アシスタントさんか先生の細やかさが感じられて好きです。画面の隅々までネタを行き渡らせたい的な…。御意、のゴローちゃん二足歩行で走って笑えます。ガラガラ…ガチャガチャって2コマも大好きです。あの刀、ロッカーを開けるためにあるんじゃないのになー!!あと委員長、ゴローちゃんの頭持ってる。このへん笑うところ多すぎてお腹痛いです。

その後、アンヌちゃんも協力。バーミヤンブーーーをかましたりお縄を頂戴したり、クラスメイトにとってのアンヌちゃんはどんなキャラなんだろうかと思うのですが、今回のクールに正義感を燃やすアンヌちゃんにキュンとする東くん…ぽわーっとした顔がかわいいです。これがまさか重要な一コマになろうとは…!でもカメラ勝手に仕掛けてるアンヌちゃんはやっぱりボケなのです…。
監視カメラの映像は本当に酷かったです。(褒めてる)これこの黒塗りの存在からしたら存在意義を叫んでるだけなんですけど、宣伝とばかりにタイトルアピールされてるようにも見えて本当おかしい。女子の体操着クンクン青春ーーー!!!!ってバカすぎる。青春!青春!ってつづくっていうかそれしか喋ってないのも酷いです。笑うしかないよこんなの!!ただ、笑いの中にも芸が光ってて、ここからのコマでエージくんたちの表情が本当に豊か。個人的には委員長の静かにショックを受けてる顔とむにゅーんとしたハチの顔が好きです。あと集中線と重なってるけどキラキラを忘れない東くん。

僕がやりました…って自己犠牲の極みのハチ、からのバレバレなのに青春ーーー!!って叫び出すハチィィィ。今週のヒット賞でした。アイスクリームムシャムシャのときといい、自らが汚れることを厭わないハチさんが本当かっこいいです。いったいハチは何をどうしてそこまで零一に心酔しているのかわかりませんが、明かされなくていいですしそれがまた楽しいと思います。だめだーーーハチ好きすぎるーーーー取り押さえるエージくんともナイスコンビーーーー
東くんのキラキラが消え、男の子だもんしょうがないよ…って罪を憎んで人を憎まずな委員長もかわいかったです。ていうか委員長ってそういう意識あったんだなあってちょっとときめきました。(よくわからない感情)自決しろ、なアンヌちゃんはブレませんね…!!

なんのかんので犯人を捕まえに行く零一とエージくん。僕はあくまで監視のために…ってツンデレ感出してるエージくん大好きです。そこへまた光の笑顔を取り戻した東くんが加入。ていうか3組の名物コンビだったんだなぁ零一&英二。エージくんと名コンビなのはハチかなと思うんですが、ハチはきっと誰とでも仲いいので常につるんでるこのふたりはコンビとしてみなされてるんだろうなあ…なんて思いました。よくよく思えば名コンビと名物コンビは意味合いがだいぶ違いますね。
言い出しっぺだったのに力になれてなかった…と反省してやってくる笑顔の東くん。本当にいいひとです。

そして犯人ですが…零一でした…。すごいな…主人公の邪悪で大迷惑な意志が体操着ドロとか酷いな…!!!結局犯人コイツじゃねーか!!!ってエージくんのツッコミでゲラゲラ笑いました。零一オルタって語感も良くてなお笑う。変態意志が兵器より強い世界の危機…もう何度この世界は危機を迎えているのか…!!!それを止めたのは光の意志でした…東くん一生懸命なのに犯人はその友達なんだァーーで台無しだーーー!!!でも浄化されたーーーー!!!パァァァァァって奇跡起こしてる風の東くんのコマが面白すぎて好きです。クラスの人気者スゲーーって思いますけど、でもここまでやれるのは本当にすごいと思うので心から東くんスゲーーー!!と思いました。このへんカリスマ美容師さんでも思いましたけど、こんな心意気を持った人ならこうなるよね!!って説得力持たせてくるところが本当好きです。
零一オルタが召されていくのを見送る零一くんと東くんの後ろでさーて帰るかなエージくん&ハチはやっぱり名コンビだと思いました。

後日、信じてあげられなくてごめんって泣いて謝る委員長が可愛かったです。きっと家でも暗い顔をしてたんだろうな…と思うと、よかったね委員長…って思います。すがすがしいハチの顔もかわいい。普段の行いが悪いからよ!ってアンヌちゃんが言ってますけど、ちょっと仲良しになってきてるんじゃないの零一…ってほんわかしました。
しかし、アンヌちゃんの中でその他大勢の中からは頭一つ出てるというところじゃないかな…と和んだのも束の間、まさかの東くん→アンヌちゃん。え…って顔の零一とハチにまた笑えてしまいます。

カッコイイ片思いの○○くん…そして恋のライバルは性格もルックスもいいクラスの人気者!ってこれはまさに零一の大好きな少女漫画展開まんまですね。良かったな零一!お前の望んだ青春だぞ!って言えないですね。実際なるとせつないね。ただ、これまでどちらかというと恋に恋してる零一みたいな感じだったので、それっぽい展開になっていくのは楽しいかも…。個人的にはエージくんと委員長がかわいいので恋バナならそっちを見ていたい(別に何もなくてもいい)
アンヌちゃんの好みは自分よりも強い奴なので、いまのところ東くんは対象外ですけども、東くんなら俺も強くなる!って人気者パワーを発揮しそうな気もします。でも東くんならアンヌちゃんにフラれても他にいい子に巡り会えるに違いない…って思うんですが、最近ゆらぎ荘の雲雀ちゃんの告白を見て、そんな覚悟で好きになるんじゃないんだよなって擦れた自分を反省したので、零一VS東くんをこれからも見守っていきたいと思います。「傷つくことを恐れる男に恋をする資格はない」…8話のハチさんの名台詞がよみがえります。ハチ先輩かっこよすぎます。なにげにハチの恋みたいな回も見てみたいです、ギャグ控えめのガチっぽいやつ…(笑)

今週も盛りだくさんで楽しかったです。先週も楽しかったんですけど感想書けなかったので時間があったら書きたいです…!

インスパイア ウルトラマンタロウ 1/1レプリカ タロウバッジ

インスパイア ウルトラマンタロウ 1/1レプリカ タロウバッジ

 

 

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

 

  

同じテーマの記事