読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

ジャンプ+αの青春兵器インタビュー感想・長谷川先生とさい藤さんのインターフォンとかBLEACHとかスマブラとか

f:id:pm1085:20170502225213j:plain

前から書くぞーと言っていました、ジャンププラスの記事 【第1回】ジャンプの連載マンガ家ってどんな生活をしてるの?ピザパーティを口実に若手ギャグ作家の作業場を見学してきた - 少年ジャンプ+α の感想です。買って来たキリン・ゼロイチとあたりめでちびちびやりながら書いてます。あー楽しい…。

いつぞやのジャンプの巻末コメントで長谷川先生が初のインタビューに緊張されていたことを書かれてましたが、いったいどんなインタビューなんだろう…と雑誌等でよくある質問形式のものを想像してたんですが、予想を上回るフリーダムなインタビューでした。インタビューというか、これは青春兵器のコミックスのおまけマンガの超拡大版だな!!という感じでした。想像以上の情報量と笑いが詰まってました。長谷川先生的には笑いが少ないと思うんですが、おまけマンガに出てくる編集のさい藤さんの顔のアイコンが並んでるだけでも楽しすぎました!!

インタビューはまず先生の仕事場へ行くところから…お住いは川崎なんだなーと思ったところで「バイクはカワサキ」を思い出して笑ってしまいました。カワサキ違い。インターフォンを鳴らしても出てこなくてさっそく怒りモードの齊藤さん。恐い。クソがー!!って言うかただと「ヘタッピマンガ研究所R」でも刷り込まれているのでドキドキ…。インターフォンが壊れて…と出て早々に謝る長谷川先生。インタビューといったらピザというお話を鵜呑みにする先生。…なんだろう、すごく天然のかおり。

インタビューと並行して、齊藤さんはさっそく原稿チェック。わー青春兵器の生原稿だーと写真を拝見すると…こちゃこちゃしてる職場…!!あの机横とか下とか掃除させてくれ!と思うくらいの散らかりよう。そんなこと気にしてられないくらい、週刊誌連載の漫画家さんの仕事場って大変なんでしょうね…。

アシスタントさんは4名いらっしゃるそう。ちょっと前にアシスタントさんが入れ替わられたーという巻末コメントもありましたが、皆さんあのまぶしい部屋で眠ってみえると思うと笑いが…。寝て起きて漫画描いて…という生活なんだなあとしみじみ。そこから先生の職場紹介。先生はアナログで描かれてるようでスクリーントーンが沢山。冷蔵庫にはレッドブルと甘いものも沢山。壁にはサインも並んですごいーと思っていたら、お部屋の棚に「一日中マンガのことだけ考える」との自筆の張り紙が…漫画家さんの仕事は漫画を書くことですけど、こういうものを見ると迫るものがあるなあと思いました。単行本を拝見するに先生は尻に火が点かないとやらないタイプのようなので、なおさらなのかもしれません。ご実家も仕事場のすぐでしょっちゅう逃げ帰ってお母さんのご飯を食べてるということですが、バレンタイン時はお母さんが職場にチョコ配りに来られたそうですし(ジャンプの巻末情報)、アットホームな職場なのかなと思いました。そんな話題中に内弁慶ネタをぶっこむ齊藤さん…最高です。

インタビューでは漫画のネームも公開されてました。ちょうどゲーム大会の話の頃にそのネームだったのでインタビューで二度美味しかったです。なんだろう、零一とハチはもとから眉なしデフォルメキャラなので、ネームの丸顔でも十分可愛く見える…!!

インタビューのテーマが漫画に移ったことで、長谷川先生の持ち込みから連載までのお話へ……齊藤さんの辛口タイムのはじまり…!!長谷川先生のことをバッサバッサと斬っていきますが、なるほど…と思ってしまうのも事実なあれやこれや。そしてすごく厳しいことを沢山言ってらっしゃるんですけど、その厳しさ加減が長谷川先生にちょうどいいんだろうな…という感じが会話の端々から感じられて笑ってしまいました。先生も自身で優しくされると堕落すると思っているし…ベストコンビ…。

過去の原稿を見るとだいぶ画風が違うんだなあとビックリでした。ヤマトタケルって名前が似合いそうなキャラとか、ぱっと見、諸星大二郎先生や御茶漬海苔先生みたいな描き込みとか…。ここから齊藤さんと二人三脚でいま青春兵器を描いてるんだと思うと、漫画家の道のりみたいなものを感じました。そんなふうにしみじみしてたら、頼んでいたピザ到着。インターフォンのことも面白かったですけど、いつもアシスタントさんに反対されて好きなピザを頼めないでいる先生とか、齊藤さんと先生の好きなピザが一緒、とか仲良し!!という感じのエピソードに和みました。

なんて思ってたら、すごいの出た…。壁に貼り付けてあるナナ姉みたいな謎のキャラ…の生首絵。ナナ姉初期デザインでした。ナナ姉描き直しされてたぁぁぁぁ。でも直したあとのほうが確実に可愛いと思いました。後にJKキャラになる子に出っ歯はないです先生。そしてアシスタントさんに戒めとして貼っておこうぜって言われちゃう先生。現場のヒエラルキーで明らかに下層にいらっしゃる先生!!

そんな長谷川先生はBLEACHの大ファンとのこと。BLEACHの台詞もソラで言えちゃう。あー本当にお好きなんだなあ…としみじみしました。自分のまわりでも昔、スレイヤーズの呪文詠唱とかしてた知り合いがいましたが、多分そんなノリだったんだろうな…。先生は久保先生のような漫画を描きたかったとのことですが、漫画家は描きたい者じゃなく自分に描けるものを描いたほうがいいってジャンプの元編集長の鳥嶋さんもインタビューで仰ってたなとふと思い出しました。自分の憧れてるものを描くと憧れているものの劣化版しか描けないとか、ブリーチの名台詞「憧れは理解から最も遠い感情だよ」とか色々思い出して、先生が青春兵器描いてくれて良かった!と思いました。

そこからは先生の一週間のスケジュールなどの話でしたが、先生がいちばんイキイキとされていたのがスマブラのお話…。スマブラのことになると途端に話に熱を帯びる先生の様子を見て、なるほどこれがJUNの強さに繋がっていくのか…とニヤニヤしました。ニセコイの古味先生がライバルとのこと…そういった経験があのゲーム回に反映されているんですね。どうでもいいけどアシスタントさんの出入り口っぽいところにゲームのコードがこんがらがってるの危ない(笑)

そんなスマブラ語りのついでのように、青春兵器がちょっとでも長く続けられたら…と長谷川先生。こちらも同じようにちょっとでも長く読むことが出来たらと思ってます!!これからも応援していきたいなと思う長谷川先生&さい藤さんのインタビューでした。ていうか想像以上に長谷川先生のさい藤さんじゃなきゃダメ感が出ていて、どうかこの先も二人三脚してください…!!という気持ちでいっぱいです。先生、さい藤さんに笑ってもらいたくてギャグ漫画描いてるんですね…健気…健気…??

青春兵器の次巻は7月発売なので待ち遠しいです。収録話も楽しみですが、おまけマンガも楽しみです。いつかインタビューの裏話的なものも読めたらな…と少し期待してます!

 

                  長谷川先生の後ろ姿でした…↓

shonenjumpplus.com

レッドブル・エナジードリンク 250ml×6本
 
青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

 

  

同じテーマの記事

映画ヒミツのここたま感想・のぞみちゃん&ビビット好きは映画館へ行けぇぇぇぇえ

ということで、ここたま映画「奇跡をおこせテップルとドキドキここたま」のネタバレ感想です。
久しぶりに映画を観てきました。楽しかったです。うっかり泣きました。なによりのぞみちゃんとビビットが出てきてくれて活躍までしてくれてたので、映画館でスタッフさんに全力で感謝してました。ありがとう…ありがとう…!!

今回の映画は、正直なところ行く気はほとんどありませんでした。前にのぞみちゃん&ビビットとさよならするのつらい!!と未練たらたらな記事を書いていましたが、あれからTVシリーズが新章スタートしてもテンションは上がらず、映画のCMを見るたびにどうせのぞみちゃんとビビットは出ないんでしょ…とくさくさした気持ちになってたのですが、急遽テップル貰いに行くぞーという話になり、勢いで行ってきました。いやもう…行って良かったです。いい意味で予告サギというか、てっきりここたま界ですったもんだがあるのかと思いきや、話の広がりもありキャラの成長もあり、ここたまオールスターとサービスも満載でした。

一方で、なかなか重い話でした。ものを大切にすることで生まれるここたまですが、それは人間とここたまのプラスの面での関係で、映画で描かれたのはものを大事にしないことで生まれるものたちの「悲しみと寂しさ」でした。大切にされなかったものから生まれるマイナスの感情は青白いキノコとして描かれてたのですが、これが結構怖かったです。瞬時に大量発生、しかもなかなかしぶとい。そんな負の感情満載のキノコが、あろうことか映画のゲストここたま、テップルに取り憑くという…。

そのテップルも、CMを見る限りラキたまたちのようにハチャメチャするキャラかと思ったら、違いました。同じくゲストキャラでダンスが大好きキャラ、まいちゃんのダンスシューズから生まれたけど、まいちゃんの心が折れてしまったためにシューズは捨てられ……でも以前のようにまいちゃんと一緒にダンスしたいな……と願うかなしいここたまでした。昔のダシマキや、ノラたまトリオみたいな境遇を忘れた頃に出してきたな…という感じで、ひとり孤独に行動するテップルを見ているとなんだかせつなくなりました。

基本、ラキたまやビビットたちのようにここたま契約をするここたまのほうが珍しい、ということも再認識というか…お互いのことを大事に思い合ってる!っていう仲睦まじいシーンは見ていてほほえましいんですが、一方で契約してないここたまって、なんだかんだで持ち主への思いは一方通行なんだよね…というせつないことを再確認させられました。ノラたまはもうプライド持って跳ねっ返りしてたりしてますが、あの子らのように助け合える存在もなく、ただひとり、持ち主がものへの愛(テップルの場合はまいちゃんのダンス愛)を取り戻すことを願ってるってつらいなあと。そのかなしみが青いキノコを引き寄せ、挙句大暴走させてしまうのも、致し方ないなあ…という説得力。

暗いのか映画ここたま!ってことしか書いてないんですが、明るいところもあって楽しかったです。同時上映のたまごっち(20周年ってそんなになるのね…)もここたまネタで話を絡めてきてましたし、OPもこころちゃんとラキたまたちみんなで歌うバージョンになってて、プリキュアの映画みたい…って思いながら聞いてました。OPではラキたまたちがちゃんとここたま活動してて笑えました。あとこころちゃんは、前日のうちにランドセルに教科書ノート入れとこ!!

そんな感じで明るいOPで、ちびっこさんたちも楽しめる冒頭でしたが、のぞみちゃん好きとしては教室のシーンでのぞみちゃんの席が無いのを目の当たりにして正直凹みまくってました。時系列としてはのぞみちゃんアメリカへ→ひかりちゃんと出会う前、というところなのですが、わかってたこととはいえ、のぞみちゃんが居ない教室がつらすぎる…って、座席でぐったりしてました。OPでもまったくと言っていいほどのぞみちゃん&ビビットの影も無かったので、もういっそ気にならないくらい笑わせてくれ!と思って観てたんですが、思ったよりシリアスでした。

個人的に今回の映画の見どころは、ここたま界と一人前のここたまの仕事がわかったことかなあと思います。一人前=かみさまになったここたまが人間を手助けしてる様子(これが妖怪ウォッチの妖怪のしわざと逆のことになっててなんだか笑えました)や、ここたまたちが集めるハッピースターがどう使われているのか、ということが分かったことによって、ここたまと人間の世界の結びつきが身近に感じられるところがいいなと思いました。そしてその説明がラストに結びついていくのも素敵です。あとハッピースターの集められた大樹の描写も綺麗で、木の中に貯まっているハッピースターはさながら小宇宙のようでした。

前半はここたまの世界でワイワイしてましたが、後半は一気に人間世界&ここたま界の危機に。テレビのノリの延長を想定して観に行ったので、映画のスケールの広がりにいい意味で裏切られました。まさかここたまで世界の危機を感じるとは思わなかった…!!
テップルのかなしい暴走によってハッピースターがすごいことになってて大ピンチ…同時にこころちゃんの街も急激に大ピンチでどうしよう!!というときに、わーーーー!!!わーーーー!!!のぞみちゃん&ビビットが駆けつけた!!!すばらしすぎるタイミングで出た…!!!もう格好良かったーー!!のぞみちゃん&ビビットの頼もしさ!!!惚れ直した!!!

ふたつの世界の危機に、ここたま契約者であるのぞみちゃんも偶然関わっていたことで、こころちゃんを助けに来てくれたのです……これだけで泣きました。ありがとう映画!世界規模のピンチだからこそ出来た展開!!今回はハッピーハンターではありませんが、のぞみちゃんのやけにキメキメなキノコ駆除を見てたら、ああ…のぞみちゃんだー…って目頭熱くなりました。ビビットも紙ヒコーキに乗って大活躍!!出てきて出番終わりかなーと思ったら、最後のほうまでしっかり出番があって、TV版を映画版にグレードアップさせたという感じのボリュームでした。のぞみちゃんファンは映画館に行くべしーーー!!!

最後、無事に世界を救うこころちゃん&ラキたま、そしてふたりを支えるここたまオールスター。その方法は『気持ちを伝える』というものでした。ささやかなことではあるけれど、伝えようと動くこと、それしかないっていう姿勢も考えさせられるものがありましたし、『ものを大切にしよう』というテーマを押し付けがましく伝えるのではなく、こころちゃんとここたまの交流を見ていたらそう思える…というしみじみとした感動がありました。映画ではTV版でこれまでに出てきたここたま全員(だと思う)にセリフと出番があったので、最後の大集合もここたままみれだけど熱かったです。ドラゴンボールみたいでした。ユラノ姉さんは映画でも相変わらずのツンデレだった…。

そして、のぞみちゃんもまたアメリカへ。こころちゃんはあっさりとまたね!ってしてました。尺の都合かはたまたふたりの信頼のあらわれか、好きなようにとりますけど、別れを引きずらない感じも良かったです。会えて良かったね、ふたりとも…。のぞみちゃんもビビットも、たまには帰ってきていいんだよ…。
こころちゃんは今回、まいちゃんの心も元気づけてましたが、のぞみちゃんの支えがあってこそ出来たっていう絶妙なバランスに目頭熱くなりました。全体的に、これまでここたまがTVで積み重ねて来たことを丁寧に出しました!!という感じがあってとても楽しかったです。エンディングでも、あのキャラまで出すの?と思える網羅っぷり。こころちゃんの歌うエンディング曲もやさしくて、映画のしめくくりにはピッタリだなと思いました。最後の最後まで楽しかったです。

TV版ここたまが好きなかたは子どもから大人までみんな楽しめると思います!のぞみちゃん&ビビット好きは損はない…!!観に行けて良かったです。
ほんと、たまには帰ってきてね…のぞビビコンビ…!!!

 

   

 

ヒミツのここたま トランプのかみさま ライチ

ヒミツのここたま トランプのかみさま ライチ

 

 

同じテーマの記事

青春兵器2巻発売うれしい記念・各話アオリまとめその2(Mission・26まで)

ということで、青春兵器のジャンプ掲載時のアオリ文まとめです。Mission・14までのアオリ一覧は下の記事からどうぞ。
青春兵器ナンバーワン1巻発売うれしいので各話アオリまとめ(最新話まで)

前回の記事にはアクセスがとりわけ多かったこともあって、青春兵器ファンのかたはやっぱりアオリ文も楽しんでらっしゃるんだなと感じました!本当に、コミックスには載ってないのがもったいないくらいです。電子版に載ったらいいのにな…などと思うこの頃です。そんな青春兵器の魅力のひとつ、アオリ文を最新話分まで抜き出しました。コミックス派のかたに少しでも楽しんでいただけたらと思います!そしてジャンプで読まれたかたも、あーあったあった、と笑っていただけたらさいわいです。

…とその前に、アオリ文はおなじみ編集のさい藤さんが付けていらっしゃるんですが、ジャンプ+のインタビューを見るとアオリ文の楽しさが割増になると思いますので、先に読まれることをおすすめします…!                  shonenjumpplus.com

 

▼青春兵器ナンバーワン 各話アオリ文 (Mission・15~26)

 

Mission・15 飼育
今回は、命の授業…
熊牧場!?
ひと夏の罪悪感。

 

Mission・16 夏休み
学園マンガ最大の山場、始まるよ!!
流されてISLAND…
山場、終了!!

 

Mission・17 犯人探し
難事件発生…!!
ハイ、解散!!
三角…関係!!

 

Mission・18 嫉妬
これより我らは修羅となる!!
恩讐の彼方へ…

 

Mission・19 運転免許
単車は16歳になってから。
Welcome to the …
仲良しが一番!!

 

Mission・20 交流会
……!?(※ゴローちゃんの背中に乗ってる委員長)
すごーーい!!
育まれてゆく絆…

 

Mission・21 恋愛指南
セクシーダイナマイッ!!(※インタビューで問題だったナナ姉初登場シーン)
ドロッドロ!!

 

Mission・22 調理実習
予知能力であっちゅー間!!
ライバルと書いて友!!

 

Mission・23 ラブレター
波乱を告げるは…
神はどこまで僕らを試す…
たった一つの冴えたやり方。

 

Mission・24 ゲーム大会
ウメハラに捧ぐ…
レッツゴージャスティン!!

 

Mission・25 体育祭
それは…ヒーローの生まれる日…
名も無き英雄譚…
(柱文1・おまけページが面白すぎるコミックス第2巻大人気発売中!!)
(柱文2・初の青春兵器グッズプレゼントは8ページへGO!)

 

Mission・26 決闘
この空気は…!
始まる、過去との闘争… この戦、夜より他に聴くものもなし。
勝利のポーズ…決めっ!!

 


以上、最新話までのアオリ文でした。Mission.25の柱文は青春兵器のグッズおめでとう…という気持ちで、もうひとつは「これ齊藤さんが付けてると思うと面白い…」と思って付け加えてます。

アオリ文にもいろいろ元ネタがあるようなので、毎回調べるのも楽しくなっています。16話→ながされて藍蘭島、17話→花の慶次菊池寛の小説、20話→けものフレンズ、21話→ドロッドロじゃないか!!(これは元ネタじゃないかもしれませんが「ゆらぎ荘の幽奈さん」の狭霧ちゃんがこの回の少し前のジャンプで言ってたのを思い出して笑いました)、23話→天元突破グレンラガンジェイムズ・ティプトリー・ジュニアSF小説グレンラガン制作のガイナックスでは最終話のサブタイトルにSF小説のタイトルが使われてることが多いので、そういう縛りなのかなと思うと素敵だな…!と)、24話→プロゲーマー梅原大吾さん&ウメハラさんの対戦相手ジャスティン・ウォンさんへの掛け声、26話→山田風太郎の小説&サクラ大戦

おおまかに調べてますが、こうして改めて見ると小説から最新アニメまでとジャンルが幅広くて、齊藤さん素敵!!って思わず膝ポーンと叩きたくなりました。青春兵器1巻のおまけマンガでも、齊藤さんはジャンル問わずいろんな作品に触れることが大事といったことを仰ってたので、ご自身も勉強家なのだなと思います。編集の仕事って大変そうなのにすごい!!長谷川先生が(別の場面ではありますが)ドラえもんみたい、と感じるのもなんとなくわかる気がします。先生もしっかり!!

また3巻発売になりましたらアオリ文をまとめたいと思います。夏休み回あたりはアオリ文だけで思い出し笑いが出てやばいです。これからも漫画本編と併せてアオリ文も楽しんでいきたいです!さい藤さん、ありがとうございます。

 

  

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

 

 

同じテーマの記事