読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。

扉絵の破壊力たるや…

わーーあの扉絵見ちゃってからほのぼのガラ・コンサートツアー妄想が滾って滾って、ちょっと帰ってこられません…めっちゃかわいい、パンさんめっちゃかわいい…

扉絵の回、アレグラさんがパンさんをパンくんって呼んでてわーーってなりました…ああそう呼ぶの許しちゃったんだパンさん…っていう…かーわーいーいーーー!!!
ああいうお姉さんキャラにひっぱってもらえると皆と打ち解けられるな!ていうか打ち解けたんだな!と頬がゆるみっぱなしでした。
もうツアー女子陣には、パンさんが実は可愛いキャラということがバレていると思う…アレグラさんはお見通しだと思う…アレグラさんがパンくん呼びなのを受けてタイスさんもパンくん呼びにしちゃってたらかわいい。ソフィさんはでもたぶん歳も下だしパンさん呼びかな。扉絵でちょっと笑ってる様子なのが大変うれしい。
ていうかツアーメンバーがお互いをどう呼んでるのか気になって仕方がありません!!基本は姓呼びだけど、なんとなくカイとレフはキャラ的にカイくんレフくんなイメージです。パンさんはパンさんかくん。女性陣はお互い名前呼びなイメージ!

今更ながら、あの女性陣と男性陣のバックグラウンドの差が激しいっていうか、トラウマ深き人生が煮凝ったような男性陣(カイを除く)と至ってふつうな(といってもふつうではないでしょうが)女性陣ですが、このコンクールを期に心の整理をつけられた男性陣がコンサートツアーで女性陣の明るいテンションに若干ついていけなくなってるんだけど、でもなんだかんだ楽しんでたりしてたらいいなーと思います。

で、中身の感想について…ですけど、もう阿字野先生のリハビリとカイについてはなにも心配してないというかひたすら見守るモードに入っています。

ベンちゃんも先生んちに入り浸っているのにはびっくりしましたが、あのくつろぎようとかジャンじいとの仲良しっぷりを見てると孫か!と思わずにはいられません。

あと残すところ一話だそうで、とても楽しみにしています。