読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。

ピアノの森を読む

前から気になってたマンガ、ピアノの森を友人に全巻貸してもらったので、先日一気読みしました。なんだってまあこんなに何度も泣いてるの自分と24巻を開くたびに思いながらも何度も読んで、何度も泣きました。すばらしかったですカイの演奏!!もーすごく楽しかった!!

聴こえないものを間近に感じさせてくれるシーンの連続と、カイと先生とお母さん、彼らを取り巻くひとたちの思い出とともに積み重ねられていくカイ自身の想いと成長。全部が紙面から溢れ出そうなくらいの勢いで、胸が苦しくって、同時にすごく楽しくて感無量でした!この作品に出会えてよかった! 

好きなシーン上げるとキリがありませんが、カイのファイナルの演奏が終わったあと、阿字野先生が涙ぐんでうつむくシーンが大好きです。いつもだいたい穏やかな表情の先生が感動の感情をあらわにするところにまた涙がぽろっと出ます。

カイのピアノがどんどん伸びやかに広がっていく中でパン・ウェイが涙するところも泣いてしまうところです。崖の上でピアノとともに張り詰めるように生きてきた彼も、自分の中のあたたかな感情の目覚めに涙し、心のしがらみから解き放たれたことで自由を全身で実感出来るようになったのだろうかと思うと、よかったねよかったねと言いたくなります。25巻の発表のシーンも雨宮くんと一緒にうわああああって涙しながら口を開けるばかりでした。

音楽って素晴らしい。その一音一音を追い求める人々の努力も、素晴らしい。そのメッセージの力強さにどっぷり浸ってます。 

読み終わってすぐにあちこちで作品の感想を読み漁っておりましたが、大河ドラマ的な意味でもうひとつのガラスの仮面と書かれてて、おおう納得!カイの苦労を重ねる天才的才能を持つ主人公と、その道のトップを走るサラブレッドのライバル雨宮…みたいな位置もなるほどガラスの仮面!思えば初めてのコンクールでカイの演奏が観客の感情を最も揺さぶったのにも関わらず失格で…というあの流れもジーナと5つの青いつぼぉぉぉぉと読み終わってからはっとして、そしてもう一度コンクールのシーンを読み返したあとガラスの仮面のコミックスにも手を伸ばしてました。熱いよ!どちらも熱いよ!!大好き!!! 

雨宮くんはカイくんに本音をさらけ出してから、たくましくなったというか、ようやく心からカイと親友として接することが出来るようになってよかったなあと思いました。夜中までふたりで練習しているところが大好きです。それを見守る先生とジャンじいも…。
佐賀先生もすごく好きです。このひとのコメントがいちばん心に響く…。特に、雨宮くんの演奏でコンテスタントからピアニストに変わる瞬間に立ち会えた~みたいなコメントが、もうなんて的確に感動をまとめてくださるんだろう…ってしみじみしました。佐賀先生のピアニスト評がいちばん好きというか、このひとが褒めてるのを見るとホントすごいんだなーと感じるというか、これも佐賀先生のキャラが立ってるからこそだなあと思います。 

阿字野先生については、なんだかもうカイとジャンじいとあわせていろいろ思うことがあるんですが、考えようとしてもまだまとまらない感じです。ただ、すごく思うのが、というかこの作品を読んで真っ先に思ったことが、阿字野先生のピアノが聴きたい!!でした。20年経ったいまでも情熱的なファンを離さず、世界的ピアニストの壁となり、カイや雨宮くんをその音色のとりこにし、パン・ウェイの本能に呼びかけてリンクした、阿字野先生のピアノとはどんなものなのかと!!
多くの人々を魅了するそのピアノの、コンサートビデオがむちゃくちゃ観たいです。そしてヘッドホンで聴きたい…。
漫画を読んでいるとカイとパン・ウェイの演奏も、聴きたくて聴きたくてうずうずしてしまいます。

雨宮のお父さんも、憧れてやまなくて、これまで本人を知る機会が無かったからイメージが先走ってしまって、もうどうしようもないくらいガチガチに固まって深みに嵌ってしまってるんだなと思うんですが、あの25巻のカイのインタビューでも匂わせていた先生のピアニストとしての復活が叶ったなら、雨宮父の自身への呪縛みたいな想いも消えていくのかなあとか考えています。 

ネットで調べたらあと残すところ1巻、しかもモーニングで最終回まで連載!ということだったのでびっくりしました。大作のフィナーレに立ち会えそう…というしあわせ!
カイと阿字野先生が、これからもずっと師弟として共に歩んでくれないかなと思うばかりです。カイ!先生と再契約だー!! 

おもいっきり感想を叫びたくなったのでブログまで開設してしまいましたが、悔いはないです。貸してくれた友人には心の底から感謝してます!ありがとう!ああしあわせ。 

最終巻の表紙はカイと先生だって信じてるー!!