読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン3話・ボケとボケと委員長

Mission:3の感想です。この回の載ったジャンプは買いそびれたんですが、公式ホームページで期間限定で三話まで読めたので、その間にめっちゃくり返し読んでました。エージくんがかわいかった!ボケにもなるツッコミ役って大好きです!!この回からキャラの掛け合いに幅が出たんだなあと思います。英二くんがエージくんになった!みたいな微妙なニュアンス…。以下うろ覚えな3話感想です。

エージくんの新しい任務はクラスの委員長の護衛&連絡先の入手。これまで出番はあったけどぼんやりとした位置に居た委員長がヒロインの位置づけをされた回でもありました。それにしても連絡先の交換ってハードル高い。この前ようやくまともに口聞いたクラスの委員長にどうアプローチするのかと思いきや、有能さを押し出さなきゃいけない場面でとんだズレっぷりを見せるエージくん…。毎朝パソコンカタカタしながら靴箱開けてただなんて…!そんな…それじゃあ女子がラブレター入れたりとかできないじゃん…青春の一大イベント(だと思う)バレンタインの日にチョコ突っ込まれたりできないじゃん…!!残念!!!
馬鹿じゃないのとここぞとばかりにツッコミに回った零一に笑いました。エージくんがズレていたことは転校初日の自己紹介時で察せられてましたけど、常識とかノリとか、人間であるエージくんよりも兵器である零一のほうが理解あるっていうところがおかしかったです。でも、理解があるからといって実践出来るかというと別問題っていう…ああ若者のデリケートな自尊心よ…

そんな世間とズレた感覚のエージくんと内弁慶な零一の波状攻撃を受けてしまった委員長。なんて気まずい空間に引きずり込まれてしまったのか委員長。極力配慮するけどお風呂とか覗くよってクラスメイトに言われて本気で怯える委員長がかわいそうだけど笑ってしまいました…。フォローに入った零一も、まさかシミュレーションした会話以外はできないというポンコツっぷり…酷い…
このへんのネタに対してかわいそうだけど笑っちゃうわーと思えるのは青春とかとうに過ぎ去った立場だからできることなんでしょうけど、これ実際に身に覚えのありそうな高校生とか中学生が読んだらザックザクに刺さる人とかいるんじゃないの…?と思うと、少年誌に載っていることに危機感を覚えずにはいられないのでした……って、笑い事じゃないですけど…。

この作品って学生版の東京タラレバ娘みたいなものなんだろうなと思います。あちらはアラサー女が結婚できねえ!結婚してえ!ってダメ男にハマったり泥沼にずかずか突っ込んでいく話ですけど、作者の東村先生が作中で言ってたように主婦は高みの見物気分で読めて、主人公よりちょい下の世代は恐ろしい未来を目の当たりにする感じで、まさにドンピシャ世代はタラレbar(先生の人生相談コーナー)に駆け込むか、これ笑えないわ…って読めないタイプ(セカンド女とか妊娠中に旦那が浮気とかマジでそのへんにごろごろ転がってる話のため身近すぎてつらい場合もある…)に別れるんだろうと思われるんですが、この作品の場合は楽しんで読めそうなのが大学生以上くらいしか居ないんじゃ…!?って、読みながら真面目に心配してたりしました。中学高校とかよくわからない自意識が炸裂しちゃって自分自身を見つめるのがなかなか難しいお年頃なので…そんな読者層をばっさり捨てかねない作風で大丈夫か…と思ってたんですけど、ハチくんという青春のスペシャリスト登場でちょっとタラレbar感が出てきたので、なんとか人気でないかな…!とジャンプの掲載順を見て思うのです…。話逸れました…。

結局連絡先を交換できず任務失敗か…!となるエージくんに救いの手。林間学校の班決め。一緒の班になったら連絡先交換も自然…!良かったね…!ここでもさりげなくエージくんのエージェントスキルが活かされる…みたいな展開が楽しいです。コツコツとエージェントっぽさを描いてくれる先生の細やかさが素敵だなあと思います。あとエージくんの上司登場。後にこのひとが父親代わりだということも判明しますが、ああいう人格者っぽい人が親代わりであったからエージくんは真面目に育ったんだなあと思う話でした。失敗したけど運命は味方した!日頃の行いに感謝…なオチ。これはエージくんの人柄もさることながら、委員長の人の良さも大きいですよね。ストーカーまがいの発言したクラスメイトと笑顔で接してくれるうえ連絡先も交換する、まわりまわって委員長がかわいいぞ!な回でした。

  

 

日本ロックサービス ABUS 番号式 南京錠 155 20ミリ

日本ロックサービス ABUS 番号式 南京錠 155 20ミリ

 

 

同じテーマの記事