つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン・1巻感想&ヘタッピマンガ研究所Rのサイトウさん

いまさらながら、単行本1巻の感想です。各話については記事で語ってしまってるんですけど、まとめて読んで思うことや、ジャンプ本誌の展開から振り返ると色々楽しいのでまた書きます。あとは、1巻を語る上で欠かせない担当編集の齊藤さんのことも。

単行本を買ってすぐカバーを外したら、案の定おまけがあって嬉しかったです!カバー裏の遊び心大好きです。今回は零一とエージくんの百面相。零一は頭だけ並ぶとおかっぱ感が強いな…と思いました。いつもはヘルメットみたいな頭って思うだけですが、サランラップのCMの女の子に見えてきて可愛い…。ちなみに零一の好きな顔はカラオケ回でハチに励まされてたやつと、う○この衝撃に耐えられないすーんとしたやつと、セピア色の涙目です。涙がつーっと流れるより、うるうるって目に涙溜めてるときの零一が可愛いと思うので、長谷川先生、どんどん泣かせてください。

エージくんの百面相に関しては、①の通常モードがいまはもう懐かしいものになっていることが嬉しいですね。③のやれやれ…って顔も好きです。近頃はこれが進化しておじいちゃんみたいな顔ですからね。すごい進歩だ…と言っていいのか。個人的には委員長に挨拶するときの、なんともいえないフツーな顔が最高にツボでした。エージくんと委員長の今後を見守りたい立場としては、かなりかわいかったこれ…。ゴローちゃん回のご機嫌だね委員長って声かけてたときもときめいたけど、この顔だけで1巻ありがとう。でもふたりに何もなくてもいいんですよ…。エージくん=仕事熱心、と先生の総評にもあるように、エージくんはまだ青春に染まってないんだろうなと思います。仕事人間から変われるかエージ!?っていうのが青春の今後の見どころかなと思ったんですけど、エージくんから仕事を奪った結果、夏休みのアレになったので、彼は一生仕事人間なのかもしれない…。と、定年過ぎても働きたくてしょうがないという自分の母親を見ていると、エージくんはきっとそういう人種なのだろうと思うのです。「仕事してないと気が狂いそうになる」が口癖の母…。

前置きが長くなりましたが、1巻を読み返すと、絵がちょっと違うな!と本編と見比べてちょっと感動します。毎週の感想の時点でいつも書き忘れるんですけど、最近の青春は筆がノッてきてるというか、描き込みが増えているのにすっきりして見やすさがアップしてる気がしています。でも絵が簡素になってるわけじゃなく、表情は豊かで楽しくて!…となんか上から目線でブツブツ言ってますが、絵的な面白さに拍車が掛かってる感じがまた読者としては楽しいので、このまま出来るだけ長く読んでいたいなあと思います。

そして単行本といったらおまけのページですが、制作秘話がまた面白かったです。素敵なアオリをつける担当さんは齊藤さんということが判明。どうでもいいことですけど、齊藤編集のことを「さい藤さん」と書いてあるところに、齊藤の齊の字を忘れちゃったけど間違えて書くと失礼だからみたいな先生の礼儀正しさ(?)を垣間見た気がします。知り合いに齋の字の齋藤さんが居るんですけど、齋の字間違えられると腹立つ!!って目の色変えるくらいなので、なんかそれを思い出しました。斉と斎と齋と齊は違うんだよ!という。名字を正しく書かれないって普通に失礼なことではありますが…そういうことを思い出したら先生の書き方がまた笑えました。ちゃんと調べて書けばいいんだよ!!

で、齊藤さんと聞いて思い出したのが、村田先生の描かれた『ヘタッピマンガ研究所R』に登場する編集さん。お名前がサイトウさんだったな…と思ったら、まさにこのさい藤さんでした。
ヘタッピマンガ研究所Rは、サイトウさんが村田先生と漫才のようにボケツッコミしあいながら漫画の描き方を学べる本で、当時アイシールド21が大好きだったわたしはついつい買っていました。漫画を描くノウハウについて語るゲストの先生が好き!というのもありました。松井先生好き!!冨樫先生の話楽しい!!

さて、ヘタッピの作中ではまだ新人編集であったサイトウさん。25にもなって仮面ライダーにお熱、クソがァァァが口癖の変わり者、いちご100%の東城好きとキャラてんこもり。村田先生といろんな先生にインタビューに伺う後編は特に好きなんですが、この取材で学ばれたアドバイスが青春のおまけページからもちょっと垣間見れて笑えます。もちろん漫画としてフィクション満載なんですけども、冨樫先生に新人の頃何をやったほうがいいかを訊ねられてるサイトウさんのシーンを読むと、長谷川先生に活かされてるんですかそれは!?みたいなツッコミをしたくなり、担当と漫画家の信頼関係についてのいい話で「オレの担当してた新人にも聞かせてやりたい」とか言ってて、大丈夫なのか長谷川先生は!?…みたいな、一人遊び&妄想が炸裂ですけども、先生とさい藤さんの現在はいかに…なんて考えると、もう楽しいです。青春1巻のおまけで笑われたかたはヘタッピ~を併せて読まれると更におまけページが楽しめると思います。
青春兵器本編の話がねえよ!!って状態になっててすみません。

1巻は7話のダンス話まで収録ですが、読み返してみると、この回でキャラの役回りが固まったのかなあ…などと思います。青春エキスパートのハチ、困った機能満載の内弁慶零一、ツッコミ仕事人エージくん、意外と行動派でノリがいい委員長。次巻ではここへアンヌちゃんとゴローちゃんも加わってくるんですよね。東くんは
話数的に3巻になるのかな。まだシングルナンバーズは三人しか出てませんし、ぜひ01~09まで出てほしいです。そして009的なネタもぶっこんできてください。(009好き)

話にまとまりがなくなってきましたので、このへんで…。
2巻は4月ということで、どうかそれまで本誌でつづいていてください!!

 

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 1 (ジャンプコミックス)

 

  

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)

 

 

 

同じテーマの記事