読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。

青春兵器ナンバーワンが20話越えたので好きな話ベスト5を考える

青春兵器ナンバーワン

ジャンプの今週号で青春が20話を迎えてましたね。応援してましたが、正直言って奇跡のセンターカラーが来るまで10話越えたら…と悲しい想像がつづいてたので(正月あたりの合併号がつらかった…)、今週読み終わってからしばらくして、そういえば20話だった!!となんの憂いも感じてなかった状況を嬉しく思いました…。新連載が沢山始まって面白いお話も多いので安心というわけではないんですけど、最近の先生は筆が乗ってるという感じがするので、これからも応援したいなと思います!

好きな話を5つに絞る、ってマンガが好きな友人とはたまにやってる遊びですが、一話完結ものの作品ならではということで、この節目に青春でもやってみようと思いました!(30話のことを考えるとすごくハラハラするので20話)
ということで個人的青春ベスト5です。

 

第5位:Mission.7『ステージイベント』

校内ダンスの回です。感想書けてなかった回。
前回初登場だったハチが、青春という戦場を一気に駆け上がっていった回でした。青春兵器ナンバー8のはじまり…
初登場時のハチは零一に心酔していてエージくんを目の敵にしてたので、これからもそんな感じになるのかなと思ったらあっさりと零一の友達認定。自分は軍人、と切り替えるハチの意外な柔軟さに関心していたら、真面目な努力家だったということで「HACHIィーー!!」の叫びが気持ちと完全にシンクロしてました。大学生のダンスサークルに練習混ぜてもらうはハイレベルだよハチ!自分の中で青春兵器お好きなファンは「青春兵器とはハチのこと」と一度は必ず思っているという偏見が生まれる…。

一方、後輩に先を越された零一の、高校生といったらフォークダンス…っていう話が懐かしくて笑えました。少女漫画でもだいたいマイムマイムとかオクラホマミキサーだなあ…。実際自分も運動会なんかで踊ってましたけど、いまの学生はダンスが必修科目ってすごいなあと思います。学生の頃はV6のデビュー曲で創作ダンスしてたなーなんて懐かしさも相まって好きな回です。

ダンス大会に申し込んだものの、人前で踊るなんてできない…って泣く零一と、必死でなんとかしようとするエージくん。「泣くぐらいならやめちまえ!!」「もっと身の丈に合った設計をしろ!!」と、エージくんのツッコミや愛ある檄も飛びまくってて好きです。この回のモノローグは好きなものばっかりで、帰って筋トレして寝たい…は個人的にかなりお気に入りです。筋トレってことばが入ってるだけでエージくんの生活や考え方が伝わって楽しいです。僕達は本当に…青春ができているのか…?って自問もいいなあ。しようと思ってすることじゃないんですけど、そういう自問もまた青春っていうか…
エージくんのツンデレみたいなセリフのどじょう掬いとか、エントリー名「ナンバーワンエージェント」に対する先生の「なんつーチーム名だ」って手書きツッコミも楽しくて笑いました。先生の手書きは毎回とてもツボ。

7話はハチの青春におけるキャラが固まったことで、エージくんと零一の立ち位置や、ふたりであれこれやってたところから話が回っていくきっかけの回だったなと思います。次の回では初恋相手となるアンヌちゃんの登場ですが、この話でエージくんと零一が力を合わせてダンス大会を乗り切ることで、8話でエージくんがアンヌちゃんに「あいつは僕の友達だよ」って言うセリフにも説得力があって、同時に友達だって言える仲になったんだな…っていう感慨深さもあって好きです。6話から8話の流れは丁寧につくられてるなあと、何度読んでも楽しいです。早く2巻読みたいな…!!

 

第4位:Mission.13『選挙』

奇跡のセンターカラー回です。感想の個別記事はこちらです。
零一オルタの回と迷ったんですが、冒頭のエージくんと委員長のほんわかしたシーンがかなり好きなのでこっち…。ストーカーみたいな発言してた子とそれに怯えてた子がこんなに仲良くなっちゃって…和みます。学級委員もお手伝いするんだ~って言ってる委員長が後にあんな手伝いをするとは思わなかったよ!
エージとハチの代理戦争という構図も新鮮で楽しかったですし、零一をトップにするために身を削る(inテラスハウス)ハチが健気で可愛かったです…。

後半の早押しクイズは「なんで!!!?」って展開でしたが、勢いにやられました。正義と悪の組織の立場が入れ替わってしまうところや、非情さを見せるエージくん、久々にボケてないアンヌちゃん!からのバーミヤン!エージくんVS零一の直接対決うおおおお大爆発…勢いで読ませる回だったなあと思います。ボケツッコミ、正義と悪、キャラの立場が入り乱れてコロコロ変わる、笑いに笑った回でした。みんなでワイワイしているのが楽しい。カラーも本当におめでとうございました!!

 

第3位:Mission.9『イメチェン』
爽やかイケメン零一、一回限り回です。カリスマ美容師・神野葉沙美さんも一回限り。また出てほしいよカリスマー!感想の個別記事はこちらです。
この回は狂ってたなーというのが率直な感想です。インパクトだけならナンバーワンです。変なところを挙げていったらキリがない。スゲーな美容室って…って小さなところでも笑わせてくれて本当好きなんですが、なにより好きなのが躊躇いなく零一を攻撃するハチでした。ただ零一を盲目に慕うだけじゃないキャラだっていうのが伝わってきて好きです。泣きながら非常な決断をするハチにはいいなあと思いつつ、この唐突なシリアスに笑うしかありませんでした。一方で、零一に攻撃するのを躊躇うエージくんも友情が育まれてるな…ってわかって、この対比も面白かったです。でももうそんなことも吹っ飛ぶ勢いがある回だったなと思います!

 

第2位:Mission.12『カラオケ』
この回大好きなんですがたまたま感想書けてませんでした…。カラオケ回です。はじまりは大体屋上!!ってアオリが大好きです。エージくんが電話している横でボイトレしてる零一の努力が後々効いてくるのいいなあ…。
2位に選んだのは思いっきりカラオケというものへ思い入れです。自分の高校時代はいまほど娯楽もなかったので、中間や期末テストが終わったらその日は友達とカラオケに行って歌いまくるというのが唯一の楽しみだったんですよね。なのでこの回は懐かしいなー楽しかったなーっていう思い出を呼び起こしてくれる、個人的にとても楽しい回でした。NO.13の死神さんもとてもいいひとだった…

嫌々連れて来られたけどデザートやドリンクバーに夢中になるアンヌちゃんかわいい。アンヌちゃんはこの回から食いしんぼうキャラになりますけど、細いのはエージくん同様に筋トレしてるからかなあ…。健康ランドといいカラオケといい、ニコニコしながら日本の生活を満喫しているアンヌちゃんを見ていると和みます。
かたやエージくんも、護衛目的のはずが、いつのまにかターゲットが歌える歌に。「前前前世」を覚えてたら完璧だ!って得意げになってましたが、カラオケは一曲だけ用意してても足りないからっていう。委員長との歌被りもあるあるで笑いました。委員長はアップテンポの歌ものほほん顔で歌えててすごい&かわいい。選曲中のエージくんの独り言がアラサーにはあるある過ぎて笑う。
選んだものがつけまつけるだったのもすごい。でも確かに歌いやすい!つけまつけるの公式PVを見てさらに笑いました。最近この曲が近所のドラッグストアでよくかかってて思い出し笑いしてしまいます。勘弁して!

一方でもうカラオケ来るの慣れてるだろっていうハチ。ハイスペック人工頭脳とはいえ、洋楽歌っちゃうのすごい。「一曲目はとりまジャスティン・ビーバーを!」なんて言える高校生はなかなか居ないって…!
零一にバラードをレクチャーするハチも面白くて大好きです。予約取り消しと「尾崎を否定する気は全くありません」のところは笑いすぎました。この回は陰になり零一を支えるハチが輝いてました。(本当後半は輝いてた)ボイパまでやるんだなあハチ…さすが2087の男。

内弁慶モードから立ち直り、いざカラオケで大トリだーーのところへ、謎のコスプレ店員みたいなNO.13さんが怒鳴り込み…。え…?って顔してる皆さんと、忘れてた!みたいな顔のエージくん、甘味に満足のアンヌちゃん。盛り上がってるときに店員さんに入ってくるのつらいよなーって笑いが止まらず、死神さん連れてく零一もかわいそうだけどかわいかった…。でもNo.13さんいいひとなんですよ…。
今度はエージくん&ハチと三人で気楽に行っておいで…。

 

第1位:Mission4&5『林間学校』前後編
一話に絞れてませんが、こちらはセットのお話だからということで…!!感想は前編後編それぞれこちらから。

この作品にハマったなーという自分でも思い出深い回です。学校生活がつづくかと思いきやいきなり大きな行事来たなーと意外さをつかれた回でもありました。校外活動でテンション上がる零一の気持ちもわかる一話。アンドリューさん初登場回であり、三浦春馬の東くんも同じ班でがっつりと登場。零一が女風呂のぞきに行ったのを、好きだよなーあいつらと笑顔で答える東くんは男にも好かれてしまうだろうなーと感じさせる好青年でした。ゴミ拾いもすごく真面目にしてた。

この回は、テンション上がった零一の暴走を食い止めるエージくんの話ですが、女子風呂が覗けるところはどこですかって聞いちゃう天然ボケさがところがとてもかわいい。最近のエージくんはツッコミに心血注いでる状態になってるので、こういうボケかましてるところが新鮮に感じられます。3話といい、ボケエージくんもまた見たいなあ…。夏休みの回はボケというより壊れてしまったエージくんだった(笑)

感想はもう個別ページで長ったらしく書いてますが、銃火器を活かしてたところや熊殺しを引っ張ってきたところとか丁寧な話作りで好きで、あんまり親しくない委員長に家族の話しちゃう青春能力値0のエージくんと、それでも気にせず話をしてくれる委員長のキャラにやられた回でもありました。かわいいなあ…

 

と、こんな感じの個人的なランキングでした。他のファンの方はどうなんだろうなと気になるところです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!! 

 

ビーダマン CB-23 クロスファイトビーダマン改造セットパワー&連射

ビーダマン CB-23 クロスファイトビーダマン改造セットパワー&連射

 

 

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックス)

 

 

 

同じテーマの記事