読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン21話・カレシカノジョの事情

ジャンプ土曜発売だったのを忘れてたので慌てて買ってきました。毎週青春兵器を楽しみにしているジャンプですが、最近はDr.STONEもとても楽しみで(アイシールド21大好きです!当時はアイシールドとネウロが楽しみでジャンプ買ってました)、今週の新連載も面白かったです!黒子のバスケは読んだことないんですが、なんかもう安定してる感じが絵柄からひしひしと伝わってきて、楽しみな読み物が増えて嬉しい限り。にぎわいを見せるジャンプで青春兵器も頑張ってくださいという気持ちです!応援してます!
というわけでMission.21感想です。

恋愛相談、大人の女性…これはまさか…という期待をまったく裏切ることなく登場しました、ナンバーズNo.07ことナナ姉さん!!の前に、バーの看板がバババーバ・バーババになってて笑いました。ボーボボも楽しかったです…ビュティさん好きです…。余談ですが、大学のときのゼミの教授がボーボボの作者さんのお父さんで、よく講義前にジャンプをスッと出されて見かけたら応援してくださいってお話されてたのがいい思い出です。毎週アンケート出してます…って照れ混じりに笑ってらしたのを、今週の小ネタで思い出してなんだかちょっと胸が熱くなりました。

前置きが長くなりました。零一たちがやってきたのは大人っぽいBAR。カランカランって元気にドアを開ける零一の後ろで慌てるエージくんがかわいい。大人のお店に来たことがないという感じが伝わってくるんですが、零一のほうは単にデリカシーが無いだけ、ハチは余裕!!さすがハチ…とそのニコニコ顔を見ていましたが、仕込みは済んでいました。まさか次のページからその笑顔が凍りつくとは!!
セクシーダイナマイッ!!のアオリとともに登場のナナ姉さん、正直意外な造形でした。うさぎの耳はあるかなって思いましたけど、まさか年上の女タイプとは…。あとエージくんのメガネ設定がまだ生きてて笑いました。

笑顔の零一と困惑のエージくん、そしてもう何があったお前!な顔のハチ。天敵が来た!!とでも言いたげな、過去最大級のショック顔。明らかにハチと因縁があるナナ姉さんに、ナナ姉ー!と無邪気に駆け寄っていく零一がかわいいです。心の中で、白旗を振りました。零一の甘えん坊ぷりがかわいい。最近の零一は庇護欲を掻き立てられるようなかわいさがあります。泣き顔でかなり来てたところにトドメを刺された思い。

生まれは零一が先だけど、頼れる女性(?)として慕ってたナナ姉さん。恋愛のスペシャリストって何ってツッコミはごもっとも。しかし銃を構えるエージくんを気にする素振りもなく、ナナ姉の視線はハチへ。はっちゃん呼びだ!!と思ってたら、次のページから青春兵器作中とは思えない濃厚なスキンシップが…。「ナナでいいのよ、昔みたいに…」ってどういうことだハチ!!すごい密着度だよナナ姉さん!!ハチの頬を触ってる手つきがえろすだよぉーー!!(雲雀ちゃん)
ハチの顔はずっと虚ろ…その顔は東君を手に掛ける前の思い詰めたものと同じだよハチ!そのレベルまで心が追い詰められてるのハチ!!その瞳に宿す光は殺意…だけど後ろのナナ姉がまったく気にしてないところを見ると、過去ハチとナナ姉さんにあったことで傷を負ってるのはハチだけの様子。…って、たった一度の過ちって何があったのハチーー!!取り押さえてるエージくんは慌ててますが、多分エージくんの頭では考えが及ばない関係だったんだろうななんて思ってしまいました。そしてニコニコとしてる零一もまた、完璧に蚊帳の外だったんだろうな!!ひたっすらに笑いました。

エージくん的には厳しいキャラだったナナ姉さん。クラスの女子とはひと味もふた味も違うちょっと大人な雰囲気の女性ですが、零一は身内ってことで甘えまくり。メロンソーダがいい!!ってはしゃぐ零一かわいいです。今週は思いっきり零一の弟っぷりを楽しんでました!兵器時代、ファッション雑誌をためてお金も貯めて(?)カリスマ美容師のお店を予約してたのかと思うと和みます。

ナナ姉さんの目的は零一の恋愛相談…ということで、人物関係図が登場。読者もおさらいできていいですね!!中心人物がエージとアンヌちゃんで笑いました。オレが隅っこだよーー!!あと(MAPPO)がど真ん中すぎて酷い。そりゃナナ姉さんも怒るよ…なんでワンちゃんが敵対組織の輩に惚れたり親友になってたりしてるのよ!っていう。でも、ここで親友って書いてあるの本当良いなあ…とものすごく和みました。エージくんの簡略顔も笑ってて、読者的にはエージくんはツッコミ疲れしてる顔ばかり見てますけど、零一にとってはエージくんっていったら笑顔なんだなあと。でもいまは姉さんに怒られてる。

恋愛相談もいよいよ本番、と取り出しましたのはタロットカード。兵器としてのナナ姉の能力は未来予知。今週は相卜ちゃんも斉木で大活躍でしたね!(相卜ちゃん大好きなので大満足の今週…)あらゆる事象を99%予知ってすごい…けど恋愛事にしか使わないという…。よかったね世界…ナナ姉さんが本気出してなくて、とか思ったら零一のおかげであっさりと消滅の危機です地球。タロットカードの不吉なカードかと思いきや直接的なメッセージが出て笑いました。零一のショックで地球消滅とか、相変わらずの最終兵器。まだかなーって待ってる顔はかわいいだけに不憫…。

急遽はじまった零一モテ男改造計画。25分後に日本沈没でよっしゃあああ!!!って揃ってガッツポーズの元カップル(推定)に笑いが止まらず。しかし直後の食事の汚さにまた地球は滅亡の危機。ほんっっっっと酷い食べかただな零一!!口を閉じて噛みなさい!!!幼稚園児か!!!食べるとき音立てるんじゃねえええって全国のちびっこ男児を持つ母親の叫びとシンクロしているよ…。こんなに食べ方汚くてう○この話するんだから、そりゃエージもキレるよ…と思ってたら丸顔野郎ってナナ姉さんも怒ってた。これは怒らざるを得ない。そしてさらっと零一のアカンな感じの私服に「へー」とか腕組んで感心してるエージくんの久しぶりのボケっぷりが嬉しいけどアウト!!ドーン!ってTシャツどこで買ってくるの。

そんなこんなでなんとか進化した零一。性格やさしい、頼れる、レディファースト、清潔感…あーこんなキャラいたなあ…そうです、東くんです。脈あり(0.1%)になった零一はめっちゃ顔が痩けてましたけど、これをごく当たり前のことのように出来るキャラがライバルの東くんなわけで…絶望的な差だなあ…と思っていたら、まさかの本人登場!!相変わらず青春の煌めきを背中に背負って!!バーババなバーはまさかの東くんちでした。お父さんと似てない!けど、東くんのコミュニケーション能力はきっとこのお店でも培われてたんじゃないかと思うととても納得。休みの日に東くんがお店を手伝ってたら、東くん目当ての客が絶対来ると思います。だって三浦春馬

そんな東くん、ひと目でナナ姉さんを落としました。圧倒的でした。稲妻ののちの心象風景が面白すぎてツボ。白馬と教会が控えめに姉さんの願望を表してて笑えました。長谷川先生は春馬って字面を意識して名前を選ばれたように思えます。春馬と白馬の王子様の親和性あるある。
まさかの零一と同じ一目惚れパターンであったナナ姉さん、行動派。ソッコーで転校してきました。しかもちゃんと学生モードに合わせてきました。メイク控えめ&三つ編みって、なんだか女の子向けのアニメに出そうな動物系キャラになっている。ナナって呼んでくださーい!って話しかたもバッチリですナナ姉さん。クラスの皆も一部を除いて大歓迎でしたけど、エージくんとハチの心労がMAX!!来週もナナ姉と東くんでひと波乱がありそうで、当然ハチも過去の呪縛からは逃れられない…

ナナ姉登場でナンバーズの内情というか兵器の立ち位置みたいなものがふわっと明かされたわけですが、とにかくシングルナンバーズはフリーダム。ナナ姉さんの的も王子様探しだったということで…わりと女性なら持ち合わせやすい、運命の王子様に会いたい願望ですけども、話を聞いてるエージの後ろでずっと白目になってるハチが怖い。

ハチは王子様じゃなかったと暗に言ってるナナ姉さんが東くんに惚れた、って展開はかなりエグいなーと思いました。青春能力値のどうしようもない壁を感じました。といっても頂上決戦レベルですけど!って、ハチとナナ姉に何があったかは明言されてませんが、来週元カノ(?)が東くんにアプローチしていくのをどんな顔で見てるんだろう…って考えるとハチがんばれ…って思わずにはいられません。

ただ、ナナ姉さんに限らず、ハチって友だちならいいけど彼氏にするにはきついタイプじゃないかと思うんですよね。どんなに好きになってもハチは零一を最優先する。零一の為なら罪は被るし罪を犯すし死んでもいいとも思ってる。初登場回を思い出す限り、兵器時代のハチはいまよりそれが顕著だったと思うので、こいつは王子様にはなれないタイプだなーとナナ姉は即見抜いたんじゃないかな…などと勝手に妄想してます。でも、それでも何かあった、というのがハチのすごいところ…。

少女漫画的展開だとしたら、ナナ姉と零一が結託して東くんとアンヌちゃんが良い仲になるのを引き裂こうとするパターンはあるかなあ…でもそれってやられたほうは必ずくっつくんですよね…。エージくんはきっと蚊帳の外。エージくんは委員長と和んでるくらいがちょうどいいから、それはそれでいいのかも…。

来週はどうなることやら…というところで合併号なのがつらいんですけど!!次回が待ち遠しいです!!ハチ頑張って。

 

  

 

同じテーマの記事