つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

映画ヒミツのここたま感想・のぞみちゃん&ビビット好きは映画館へ行けぇぇぇぇえ

ということで、ここたま映画「奇跡をおこせテップルとドキドキここたま」のネタバレ感想です。
久しぶりに映画を観てきました。楽しかったです。うっかり泣きました。なによりのぞみちゃんとビビットが出てきてくれて活躍までしてくれてたので、映画館でスタッフさんに全力で感謝してました。ありがとう…ありがとう…!!

今回の映画は、正直なところ行く気はほとんどありませんでした。前にのぞみちゃん&ビビットとさよならするのつらい!!と未練たらたらな記事を書いていましたが、あれからTVシリーズが新章スタートしてもテンションは上がらず、映画のCMを見るたびにどうせのぞみちゃんとビビットは出ないんでしょ…とくさくさした気持ちになってたのですが、急遽テップル貰いに行くぞーという話になり、勢いで行ってきました。いやもう…行って良かったです。いい意味で予告サギというか、てっきりここたま界ですったもんだがあるのかと思いきや、話の広がりもありキャラの成長もあり、ここたまオールスターとサービスも満載でした。

一方で、なかなか重い話でした。ものを大切にすることで生まれるここたまですが、それは人間とここたまのプラスの面での関係で、映画で描かれたのはものを大事にしないことで生まれるものたちの「悲しみと寂しさ」でした。大切にされなかったものから生まれるマイナスの感情は青白いキノコとして描かれてたのですが、これが結構怖かったです。瞬時に大量発生、しかもなかなかしぶとい。そんな負の感情満載のキノコが、あろうことか映画のゲストここたま、テップルに取り憑くという…。

そのテップルも、CMを見る限りラキたまたちのようにハチャメチャするキャラかと思ったら、違いました。同じくゲストキャラでダンスが大好きキャラ、まいちゃんのダンスシューズから生まれたけど、まいちゃんの心が折れてしまったためにシューズは捨てられ……でも以前のようにまいちゃんと一緒にダンスしたいな……と願うかなしいここたまでした。昔のダシマキや、ノラたまトリオみたいな境遇を忘れた頃に出してきたな…という感じで、ひとり孤独に行動するテップルを見ているとなんだかせつなくなりました。

基本、ラキたまやビビットたちのようにここたま契約をするここたまのほうが珍しい、ということも再認識というか…お互いのことを大事に思い合ってる!っていう仲睦まじいシーンは見ていてほほえましいんですが、一方で契約してないここたまって、なんだかんだで持ち主への思いは一方通行なんだよね…というせつないことを再確認させられました。ノラたまはもうプライド持って跳ねっ返りしてたりしてますが、あの子らのように助け合える存在もなく、ただひとり、持ち主がものへの愛(テップルの場合はまいちゃんのダンス愛)を取り戻すことを願ってるってつらいなあと。そのかなしみが青いキノコを引き寄せ、挙句大暴走させてしまうのも、致し方ないなあ…という説得力。

暗いのか映画ここたま!ってことしか書いてないんですが、明るいところもあって楽しかったです。同時上映のたまごっち(20周年ってそんなになるのね…)もここたまネタで話を絡めてきてましたし、OPもこころちゃんとラキたまたちみんなで歌うバージョンになってて、プリキュアの映画みたい…って思いながら聞いてました。OPではラキたまたちがちゃんとここたま活動してて笑えました。あとこころちゃんは、前日のうちにランドセルに教科書ノート入れとこ!!

そんな感じで明るいOPで、ちびっこさんたちも楽しめる冒頭でしたが、のぞみちゃん好きとしては教室のシーンでのぞみちゃんの席が無いのを目の当たりにして正直凹みまくってました。時系列としてはのぞみちゃんアメリカへ→ひかりちゃんと出会う前、というところなのですが、わかってたこととはいえ、のぞみちゃんが居ない教室がつらすぎる…って、座席でぐったりしてました。OPでもまったくと言っていいほどのぞみちゃん&ビビットの影も無かったので、もういっそ気にならないくらい笑わせてくれ!と思って観てたんですが、思ったよりシリアスでした。

個人的に今回の映画の見どころは、ここたま界と一人前のここたまの仕事がわかったことかなあと思います。一人前=かみさまになったここたまが人間を手助けしてる様子(これが妖怪ウォッチの妖怪のしわざと逆のことになっててなんだか笑えました)や、ここたまたちが集めるハッピースターがどう使われているのか、ということが分かったことによって、ここたまと人間の世界の結びつきが身近に感じられるところがいいなと思いました。そしてその説明がラストに結びついていくのも素敵です。あとハッピースターの集められた大樹の描写も綺麗で、木の中に貯まっているハッピースターはさながら小宇宙のようでした。

前半はここたまの世界でワイワイしてましたが、後半は一気に人間世界&ここたま界の危機に。テレビのノリの延長を想定して観に行ったので、映画のスケールの広がりにいい意味で裏切られました。まさかここたまで世界の危機を感じるとは思わなかった…!!
テップルのかなしい暴走によってハッピースターがすごいことになってて大ピンチ…同時にこころちゃんの街も急激に大ピンチでどうしよう!!というときに、わーーーー!!!わーーーー!!!のぞみちゃん&ビビットが駆けつけた!!!すばらしすぎるタイミングで出た…!!!もう格好良かったーー!!のぞみちゃん&ビビットの頼もしさ!!!惚れ直した!!!

ふたつの世界の危機に、ここたま契約者であるのぞみちゃんも偶然関わっていたことで、こころちゃんを助けに来てくれたのです……これだけで泣きました。ありがとう映画!世界規模のピンチだからこそ出来た展開!!今回はハッピーハンターではありませんが、のぞみちゃんのやけにキメキメなキノコ駆除を見てたら、ああ…のぞみちゃんだー…って目頭熱くなりました。ビビットも紙ヒコーキに乗って大活躍!!出てきて出番終わりかなーと思ったら、最後のほうまでしっかり出番があって、TV版を映画版にグレードアップさせたという感じのボリュームでした。のぞみちゃんファンは映画館に行くべしーーー!!!

最後、無事に世界を救うこころちゃん&ラキたま、そしてふたりを支えるここたまオールスター。その方法は『気持ちを伝える』というものでした。ささやかなことではあるけれど、伝えようと動くこと、それしかないっていう姿勢も考えさせられるものがありましたし、『ものを大切にしよう』というテーマを押し付けがましく伝えるのではなく、こころちゃんとここたまの交流を見ていたらそう思える…というしみじみとした感動がありました。映画ではTV版でこれまでに出てきたここたま全員(だと思う)にセリフと出番があったので、最後の大集合もここたままみれだけど熱かったです。ドラゴンボールみたいでした。ユラノ姉さんは映画でも相変わらずのツンデレだった…。

そして、のぞみちゃんもまたアメリカへ。こころちゃんはあっさりとまたね!ってしてました。尺の都合かはたまたふたりの信頼のあらわれか、好きなようにとりますけど、別れを引きずらない感じも良かったです。会えて良かったね、ふたりとも…。のぞみちゃんもビビットも、たまには帰ってきていいんだよ…。
こころちゃんは今回、まいちゃんの心も元気づけてましたが、のぞみちゃんの支えがあってこそ出来たっていう絶妙なバランスに目頭熱くなりました。全体的に、これまでここたまがTVで積み重ねて来たことを丁寧に出しました!!という感じがあってとても楽しかったです。エンディングでも、あのキャラまで出すの?と思える網羅っぷり。こころちゃんの歌うエンディング曲もやさしくて、映画のしめくくりにはピッタリだなと思いました。最後の最後まで楽しかったです。

TV版ここたまが好きなかたは子どもから大人までみんな楽しめると思います!のぞみちゃん&ビビット好きは損はない…!!観に行けて良かったです。
ほんと、たまには帰ってきてね…のぞビビコンビ…!!!

 

   

 

ヒミツのここたま トランプのかみさま ライチ

ヒミツのここたま トランプのかみさま ライチ

 

 

同じテーマの記事