つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン28話・The Show Must Go On.

もう嘘じゃない!もう刷っている!(AKIRA)な気持ちで読んでました、今週のジャンプ。青春兵器センターカラーおめでとうございます!番外編とすごろくも付いてるだなんて、さい藤さんが長谷川先生の速筆に気づいたせいで予定詰め込んだのか!?と、先日のWEBインタビューの内容が脳裏を過りました。

センターカラーは九人の戦鬼と誰がために、でもろに009ですね!サイボーグせんしたがーためにーたたーかうー。斜線の部分がそれぞれのテーマカラーなのでしょうか。ゴローとNo.06の師弟は並ぶとつぶらな瞳も並んでいてかわいいですね。カラーのナナ姉も初ですね。パステルピンクで可愛いです!あとは委員長のカラー絵も拝めたら言うことないです!

表紙の裏は青春謳歌すごろく。すごろくお手製すごろくで勝負しようぜ!ってところの文言が無駄に重いというか、「賽を振れこのうすのろ」「途中で降りられると思うなよ」とか妙にアメリカンな感じでカッコいいですが、子どもはポカーンとしそう…そもそもこういうところ読んでないかもしれないですけど。そして零一ルートはどうやっても普通のすごろくじゃ勝てない…!これは機転を効かせろ、サイコロは六面体だけじゃないんだぜ、という子どもたちへのメッセージかのかもしれない…夜中だから自分でも何書いてるかわかりません。

The Show Must Go On、は好きな一文なので今回のタイトルに。大好きなアニメ、ビッグオーの最終話サブタイトルでもありました。ビッグオーは特に1stシーズンがたまらなく好きです。脱線しましたが、最後に勝負になってねぇー!!ってエージくんのツッコミに運こそすべて!!って書いてあって笑ってしまいました。これは先生のことばなの?それとも齊藤さん!?

青春、というか人生の酸い甘いを感じるすごろくのあとに、実にスピーディーな展開の本編。急に零一が倒れて早退!どうしたんだと思いきや、過度なストレスによって倒れてしまったもようです。悩み多き思春期とはいいますが、寝ながら泣くほどの青春ってなんぞ…!
しかし、人造人間のストレスは脳内に行けばうまく取り除けるようで、ハチがかつて東くんに着けたような怪しいヘルメットが登場。無理やり被らされてエージくんまで零一の脳内世界へとダイブすることに…。すごい早い展開!!

ハチとエージくんがやってきたのは、ゴーカイジャーVSギャバン見たような謎の塔の前でした。そこへ現れる零一の脳内に住んでいる妄想アンヌちゃん。しおらしくてかわいいけど、アンヌちゃんをこんなキャラにしちゃってる零一キモい。無駄にボロボロになってるところもとてもキモい。

そんな妄想アンヌちゃん曰く、塔の中に巣食うストレスの権化を退治すれば零一はスッキリするもようで…どういうこと!?って事態を飲み込めてないエージくんほったらかしでハチと案内人アンヌちゃんは塔の中へ急ぎます。早くもさっさと帰りたくなってるエージくんがかわいい。

塔の1階の扉を開けると、そこはいつものエージくんの部屋。待っていたのは何故かパンイチでオウムみたいに喋ってるエージ・クソマジメでした。脳内イメージのエージくんがひどいです。でも筋肉バッキバキで笑えました。エージくん、趣味筋トレで熊も素手で倒せる猛者だもんね…細マッチョいいです。なのに表情と格好がひどいわお尻叩いてるわで、これを目の当たりにしているエージくんがぶっころしてやるって思うのは無理もない。

エージ・クソマジメさんが言ってる内容が、毎日子どもに言ってるような内容でエージくんの苦労がしのばれました。夕飯の前にチョコやポテチ食べるんじゃねー!!(私信)あのセリフの数々は、もしかしたら長谷川先生が仕事場から5分の場所にあるご実家に入り浸ってるときにお母さんから言われていることかもしれない…。クソマジメさんが畳み掛けるように両手を胸の前に日経新聞ー!!って叫ぶコマは吹き出してしまいました。日経新聞は零一からしたら真面目そうなイメージが凝縮したアイテムなのかな…。でもいまのエージくんは新聞だけじゃなくテレビ観るようになってるよ!!2話から確実に成長してる。

キレ気味にクソマジメさんを倒したエージくん。ショアァァァって消えてくところが零一オルタっぽくてまた笑えます。よっしゃー一人目撃破!次はわたしが戦う!と気合みなぎるハチ。しかし2階で待っていたのは、これまた変な顔をした波乗りハチ、いえ、ハチ・センパイノイゲンさん。前回はハチのラジオコメントに上から目線でダメ出ししていた零一でしたが、後輩が青春街道を邁進していることを内心気にしていた様子。みみっちい!転校直後のハチをひっぱたいたときからまるで成長してない!!

しかもセンパイノイゲンさんが零一を連呼してるのは、楽しいイベントに誘ってほしいなーという気持ちのあらわれだという…これがいわゆる構ってちゃんという面倒くさい生き物か…誘う苦労を知ってからそういうことを言え。笑えたんですけど、歪められた自分の化身を爆破して打ちひしがれるハチがちょっと気の毒でした…ハチは何も悪くないよ…!!このへんですっかり反応がドライになっているエージくんもお疲れさまです…

零一の脳の深層へとたどり着いた一行。待っていたのはなんだか巨大でゴツくて根暗そうなカイザーゼロイチさん。どうやら思い通りにいかない現実に見切りをつけて脳内世界でしあわせに暮らそうとしたもよう。今回もようって何度も使ってますけど、どうでもいい感じのわけのわからなさ具合が、もよう、って使いたくなる気持ちにさせます。お前が幸せならそれでいいよ、って投げやりなエージくんの気分とシンクロ…。

そんなカイザーゼロイチ=零一の心を引き止めるべく、ハチはシェアハウスのメンバーと行ったバーベキュー写真in秩父の写真を見せました、が、ゼロイチには見せつけられた!!としか受け取られなかったようで、即ビーム。叫びがインスタグラムーッで笑ってしまいました。SNSをやってないのでよくわからないんですが、SNS疲れの話を聞くと疲れてるひとはビーム飛ばしちゃうカイザーゼロイチみたいな心境になるのかなーなんて少し思いました。

我のような内気なシャイボーイには永劫叶わぬ泡沫の夢物語よ、って一見カッコよさそうで心底ダサいセリフがひどいです。自分でシャイだからとかチキンだからって言ってるひとはたいがい面倒くさいぞ!(実体験からくる偏見)零一の場合、なまじ先輩というプライドがあるから余計に拗らせているのかもしれません。バーベキューも怖がらずに行ってみたらいいんだよ!失敗してもいつか笑えるのが青春時代の特権。

黒焦げにされたハチの代わりに出てきたのはエージくん。パソコンを借りて何か策が…と思ったら青春についての講演がはじまりました。人生における思春期の影響…めっちゃ笑顔で話してて笑えました。青春なんて必要ないって思ってたあのエージくんが、誰かに青春の何たるかを伝えようとする日が来るなんて…でもビーム。だけど5分間、真面目に聞いてくれてるカイザーさんてばやさしい。ハチに厳しすぎるように感じるのは、親友と後輩の差ということなのか…。

しかし絶望していることには変わらず、現実なんてまっぴらだとのたまうカイザーさん…。そんなとき、どこからともなく聞こえてきたのは委員長の声。現実世界の零一の元へ、現実世界の友だちが集合。枕元で零一のことを心配してるナナ姉がかわいいです。事情を詳しく知ってるのはナナ姉だけだと思うので、零一が倒れたあとでいろいろフォローしてたんだろうなあ…。それにしても、エージくんとハチが謎の器具をつけて倒れてることをほぼスルーしているメンバーにちょっと笑ってしまいます。東くんもそんな感じの頭につけて倒れてたんだよ…トイレで。

倒れた零一を心配してお見舞いにきたみなさん。しかも差し入れにクッキーも焼いてきてくれただなんて、なんてあったかい…!!早く起きなさいよ、バカ、とやって来るアンヌちゃん。そのひとことでカイザーさんの世界はあっけなく崩壊。妄想アンヌちゃんと違って一筋縄ではいかないし都合良くもないけど、好きな女の子がクッキー持ってお見舞いに来てくれるだけで元気が出ちゃう零一がかわいいです。ストレスがたまるということは、それだけ親密な距離に居るという証でもあります。あーやだやだって思っても鶴の一声で機嫌良くなれる恋っていいですね。かわいいなあ…。

弱ったカイザーさんにトドメの一撃食らわすエージくんとハチも素敵です。帰ってこいバカ野郎!!って、良い友だちを持ったよ零一…。でも消え行く妄想アンヌちゃんのセリフがキモくて、やっぱり零一。このあたりのバランスがとても好きです。なんだこの話!?って最後まで乗り切れなかったエージくんよ…

後日、いつもの屋上にはすっかり元気になった零一と友だちの和やかにだべってる姿が…。エージくんが「へ~~」って言ってるのが本当いいなあと思いました。脳内ではすったもんだあったし腹もたったけれど、へーのひとことで終われる。友人が最終兵器だった、ってだけの僕らの青春…みたいな感じで、読後感があったかかったです。笑いの中に結構な濃度の陰気さが漂ってたのにこんなさわやかにまとめてくるだなんて!!個人的に狂骨の夢を読んだあととおんなじ気分になれて、とても楽しかったです…。零一もなんだかんだ言ってエージくんやハチが大好きなんだっていうのが伝わってくるひとコマでした。アンヌちゃんやみんなの笑顔も微笑ましい…。青春はつづくよどこまでも。

今週はカラーとすごろくと本編でかなりの満足感だったのに、番外編が二本もあってしかも間にあったコミックス販促ページもそれだけでかなり笑ってしまいました。さい藤さんの本気を見た気がする今週です…。番外編etcの感想は長くなるので別記事で書こうと思います!

  

池上彰の新聞勉強術 (文春文庫)

池上彰の新聞勉強術 (文春文庫)

 
青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

青春兵器ナンバーワン 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

  

同じテーマの記事