つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン44話・巷で人気のアレ

しばらく更新しないって言ってからちょくちょく更新しててアレなんですが、今週は合併号ということで気持ちゆったりめの青春兵器感想です。Mission44と45の感想二本立てで…と思ったんですが、文字数増えたので44話単独になりました。どちらも世代的にフレッシュなネタだな!と感じた話でした。…って、カードゲームとユーチューバーは若い子向けの話っていう認識自体古いのかもしれないですけど…。カードゲームは世界大会もありますしね。

44話の枕は、恒例エージくんと平和な日常。何事もないということの尊さを噛みしめてるところへいつものごとく忍び寄るナンバーズの魔手…今回はカードゲームでした。ギャグ漫画界のブラックロータスって何だろうって調べたら笑ってしまいました。さい藤さんの小ネタはさりげなく味わい深いです。

カードゲームで軍資金稼ぎじゃあああと世に放たれたバトルナンバーズはまさかの大ヒット。平和なエージくんのクラスメイトたちはその主戦力が校内に居ることも知らずカード遊びに興じています。カード化されたキャラを見て笑うだけでなく、ナンバーズって誰がいるの?という読者のためのおさらいになってるところもニクいです。翌週の回はそれを踏まえての…という感じでしたし。久しぶりのモサリーナ博士。一話以来じゃないのかな…?

バトナンは本人たちも楽しんでるようで、もうすっかり他人事。カードのイラストもちょっとシリアスめな絵柄で笑えます。二桁の皆さんもお久しぶり!零一(と03先生ー!)にボコられた皆さんとは思えないカッコよさで!好きな二桁の死神さんもなんかデスメタル的雰囲気で無駄にかっこいい。

そしてシングルナンバーズのカードもお目見え。ハチィーーーー!!!強そうだよハチー!!実際強いけど!!カードの説明部分の「残酷な神が支配する」には思わず吹き出してしまいました。少年向けギャグ漫画にさらっと混ぜたら危・止・禁な萩尾先生の名作タイトルーー!!!読んだその日はぐったりして、勇気と体力がないと読み返せない作品ですが、これは長谷川先生というよりさい藤さんの好みかなーなどと思いました。長谷川先生があまり読みそうにない…(失礼)それにしても、残酷な神って…って笑ってしまったんですが、アンヌロボちゃんの回を思うとあながち外れてもいないかな…とも思ったり。親に縛られ苦しめられる子の物語。

キャラと二つ名のおさらいはまだつづく…と、シングルナンバーズのカードお披露目。ナナ姉かわいい!バニーガールというとセクシー感マシマシなナナ姉…いまのセーラー服もかわいいけど、前の番外編時にあっちのボディコンスタイルもかわいいなーと思いました。他、ゴローちゃんも誰!?って思えるレベルですが、背景の三日月を見ると剣道大会回のヒドい大ゴマを思い出して笑わざるをえません。そして判明したツーくんの二つ名が「失敗作」って!!!自陣守る最強キャラっていいじゃん!!って思うけど、結局守ることを放棄してる現状を思うと確かに…と思ってしまえてまた笑いが…。いまや敵エージェントの息子としてMAPPOで充電してますしね…ツーくんかわいいしいいよね。

本人たちも大喜びのカードゲーム化はエージくんの予想を超えて大ヒット。着ぐるみの海のトリオたちが街にいるのいいな…!って思いました。海野先生といい、ナンバーズってば人心掌握術に長けてる。しかも平和的で人間側も笑顔なのでWIN-WINだよ!あー03さんと写真撮りたい。
だけど、軍資金集めは阻止しなければ!ということでエージくんはMAPPO日本支部へ。支部長だ!選挙のときに理由も聞かずポンとお金くれたやさしい支部長さんだ…!!アンドリューさんと教官も出てきてくれて絵面が渋いです。でもエージくんてばツーくん連れてるんだから!ナンバーズの失敗作なんだから!ちゃんとおじいちゃんに孫を見せに来たんだな…って思うとほのぼのしてしまいます。

上司に相談したから大丈夫…と思ったら、上司もズレてました。まさかのMAPPOカードゲーム化!アンヌちゃんもエージくんも微妙に違うのにアンドリューさんはそのまんまで笑います。誰か一人くらい、林間学校の先生だって気づいたりしないのか…しないよね。アンドリューさんが雑魚カード扱いで切ない…。
すっかり気疲れなエージくん、なんとはなしにカードを購入。幻のカードが出ました…おお、無欲の勝利…!!カードの説明というか設定がヒドいです。ゲームさせる気ゼロ!!でもカードのレア度を考慮するとこれくらいのバランスは妥当なのかもしれません。そんな最強カードに群がるは、目の色を変えた零一とハチ…。

気がつけばストブラ時の改造モード零一とキョホホ笑いのハチに…。力づくで奪わないだけ良心的ではありますが、ゲームの達人と最強サポーター相手に素人一人じゃ勝ち目がない…!!!
と思ったら、きたああああ!!!女王が来た!!!最強のカードが手元に!!!エージくんと委員長好きのわたしもテンション上がる!!!カードは友達…委員長はやっぱそっちの世界のひとなんだなあ…。

ストブラのリベンジみたいな図になってるカードバトル。委員長が出てきてからはすっかりやる気が失せてるエージくんの顔がひどいです。長谷川先生、よくこういうホント微妙な表情描くなーと笑ってしまいます。MAPPO本部長の笑顔がまぶしい。一方で零一の顔芸もひどいです。マリクかな?って思ってしまうDM直撃世代。最近はデュエマも読んだり観たりしてるのでカードバトル描写を見るとなんだかニヤニヤしてしまいます。ナンバーズの数式効果とか面白いです。8なところもなんだかツボ。
ぼんやりとしたエージくんからいつのまにやらゲームの主導権は委員長へと移ってましたが、これも仕方がない。愛の差。それに委員長じゃないと太刀打ち出来ませんのでね…。

気づいたら場にはアンドリューカードしかない…勝ったも同然な反応をする零一とマッドハチですが、女王は不敵な笑みを浮かべる…。クイーン顔の委員長大好きです…。アンドリューさんのカードが揃ったときに召喚されるMAPPOライダー、前に委員長が乗りこなしてたのに似ててそれもまた笑ってしまいます。
強くないカードだろうと愛が深ければ勝機につながるものが見える、ゲーム女王の含蓄ある言葉…。ストブラ回と合わせて読むと今回の終わりかたがまた楽しいです。

愛あるカードバトルが生まれ、終わった…と思いきや、カード自体の流行もあっという間に下火に。エージくん的にはよかったのでしょうけど、ちょっと世の無常を感じて切ないものがありました。どっちのカードも面白そうだった…!!
しかしそこはさい藤さん。ナンバーズとMAPPOのカードは無くなったけど遊戯王はまだまだだよ!と言わんばかりの次回予告。杏子ちゃんの声が聞こえる(笑)

44話と45話の感想を併せて…と思ってたら長くなったので、次に45話の感想をと思いますが、そのまま書かずに力尽きてたらすみません。ロボレザの感想も書きたい…。

今回は巻末の長谷川先生のコメントもカードネタで、自作のカードゲームに付き合ってくれたお兄さんの話にまた笑顔になりました。美味しいお料理作ってくれるお母さんといい、先生はやさしいひとに囲まれて生きてこられたんですね…。その幸運の反作用(エスカフローネ)でいまは…と思うとまた笑いがこみ上げてきますが、さい藤さんもなんだかんだ言ってやさしいのだと思います。アオリにあふるる愛。

ちなみに委員長&エージくんVS零一&ハチの第一ラウンドは3巻に収録されてますので、興味のあるかたはぜひー!と最近読みはじめられたかたにもダイマ!
来月は4巻も発売なので楽しみです…!!!今度こそ表紙にエージくんがきますように!!! 

 

デュエル・マスターズ DMEX-01 TCG ゴールデン・ベスト BOX

デュエル・マスターズ DMEX-01 TCG ゴールデン・ベスト BOX

 
残酷な神が支配する (1) (小学館文庫)

残酷な神が支配する (1) (小学館文庫)

 
青春兵器ナンバーワン 3 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 3 (ジャンプコミックス)

 
青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

 

 

同じテーマの記事