つづるるる。

そのときハマった漫画や本についてあれこれ書いてます。いまは青春兵器ナンバーワンの話題が多めです。

青春兵器ナンバーワン50話②・若さとは振り向かないこと

ということで、区切った投稿の後半、青春兵器本編の感想です。番外編は藤さんと長谷川先生という異色の組み合わせの話、ということで本編はほぼ藤さん抜きです。後半は藤さんが出てきたらまた青ざめてしまう展開なので丁度よかったですね!!

場面はいつもの教室…ですが、ちょっとお祝い仕様。和やかな雰囲気の中、ただひとり周りに馴染めてないエージくん。何のお祝いか心当たりがない!というところへ、ハチが零一転校一周年記念パーティーだと教えてくれますが「最終兵器」や「青春」という単語が何かの隠語に思えてくる不思議…零一ってたしかバレンタインあたりでこれもう死…して学校行ってなかったけどお空に居たからセーフなのかな(笑)そういえばカイザー零一が登場した回は一応学校に行ってるんですよね。過度なストレスを抱えつつも高校生活をエンジョイしようとしてた零一がかわいいです。その後の脳内世界は酷かったですけど…!!

なにはともあれ零一が一年間高校生活を満喫出来たましたが、そこで慢心せず一年目の反省を踏まえて二年目をどう過ごすか建設的な話し合いがはじまりました。特に意味はない藤さんの持ち込み風景がツボでした。沙村先生のハルシオン・ランチといい意味のないカットを入れてくるネタが好きです。

一年目のよかった点、一つ目はハチの加入。なるほど確かに零一のことをよく知るハチが来てくれたおかげでエージくんも零一の暴走を食い止めやすくなったよねー…とカリスマ美容師さんの出た9話を思い出しました。ハチは不可欠というのはごもっとも。でもエージくんは話を聞いてて居た堪れない。
二つ目は零一の顔!感想①のほうでも書きましたが、零一の表情がほんと愛嬌のある顔になって一周年の扉がかわいらしく見えました。これが青春にもつながったらいいよね…!

三つ目はクラスに紛れ込んでいたペットのゴローちゃん。クラスには関係ないがクラス委員長が大いに関係してるので…。正直飛び道具とかぶっちゃけられてますが、ゴローちゃんは理詰めのハチと対極の位置にいるフリーダムなボケキャラなので、青春のテイストがガラッと変えられるのがいいなと思います。ゴローちゃんが出るともれなく委員長も出て勝手に壊れてくれるので青春の予測不能さやままならなさを感じますよね…!!(委員長の可愛さ的な)そして委員長の色々な面、で出てくるのがあのコマなのも笑ってしまいます。行き過ぎって自覚があったんですね長谷川先生…。
そんな委員長を含め、エージくんのまわりは愉快な個性派ばかり揃っていていいね!エージくんはこんな自画自賛イヤ!!って言ってるけど、一読者としてはそうだよねーと頷くと同時に、あの仕事こそ人生みたいな生きかたをしていたエージくんに友だちが大勢出来たのだと思うとやっぱり和んでしまいます。

一年前と比べて確実に青春が充実しているエージくんでしたが、まさかのダメ出し対象に。ストレートでワンパターンなツッコミはいかがなものかと!確かにそうなんですけど、ヒネリが効いてるとそれはそれでエージくんってそんなユーモア溢れるキャラじゃないよね…ってことになる(笑)でもエージくんが名前叫んでるだけで笑えてしまうのでそれは続行してほしいなーと思います。「アンヌーーーーー!!!」が大好き。あとエージくんの持ち味は、ツッコミ入れようとしてヒネるんじゃなく、相手への苛立ちやらなにやらでことばが辛辣になるところかなと思います。二度と人の役に立とうと思うんじゃ…のあたりはなかなか酷い言いようだったなと思います。ただ以前のインタビューを読むと、むしろあのへんのセリフは長谷川先生がさい藤さんに言われていたものなのかな、といまさらながら邪推してしまいます。

そしてさらにダメ出しはつづく…かわいい女の子を出そうよ!女の子のかわいさをアピールしていこうよ!ってナナ姉に「どの口が言ってんの!?」ってエージくんキレてるけど、普通に読んでるとナナ姉かわいいじゃんよ!!って思うので、このあたりはインタビューネタを踏まえてお楽しみくださいということですね…戒めの宿命を背負いしナナ姉ですがいまは可愛いから大丈夫だ!!扉絵のナナ姉もかわいかったし…。次号の命を賭して東くんをドッグフードから守ったナナ姉は恋する女子の鑑だと思いました。かわいい。たまにナンバーズ時代の気怠げな顔もしてくれたらいいなあと4巻カバー下を見て思いました。それにしても夏休みが一回で終わったのは水着描けません!という理由だったなんて…。ファイト!!(作中の)今年の夏は期待してます…!!!

せっかくだから幅広く意見を取り入れましょう、ということで建設的な話し合いに海の三人組も合流。開口一番「難しい問題だなぁ」って真面目に考えてくれるNo.03が大好きです…。個人的に青春兵器のキャラはエージくん一強だったんですがそれに猛烈な勢いで迫ってきてます。生真面目で人格者なツンデレで母性まで感じさせてくるとか好み以外の何者でもないです…。

話が脇道に逸れました。No.03先生。この世界の終わりを阻止するために「あまり縦軸を無視しすぎるのもどうか」と真面目なアドバイスをしてくれました。縦軸とは…!!!そこからのアドバイスが的確すぎて笑ってしまったんですが、縦軸を意識したチャレンジをすることによって結果的にNo.03先生たちの出番も確保されるというちゃっかりっぷり。3人組と毎回対決、という案にニコっと笑ってる09くんもかわいいです。個人的には三人組との対決も楽しみですけど、またちらっと海野先生にも出ていただきたい(縦軸無視)こうして他のキャラにまざって話してるとフォントがひとりだけ浮いててそれもまた笑えます。

いまの青春に必要なものは何か!ここで委員長が動物キャラの必要性を訴える!アップの委員長はめちゃかわいいけどエージくんに即斬り捨てられててせつない!ゴローちゃんは癒やし案は採用されて全ページにゴローちゃんが出ることに…。そこからは改善案という名の願望だだもれエスカレート。なんか進研ゼミの漫画みたいなコマで漫画が二年目へと突入。零一もウインク+ピースなんて出来るようになったんだな…!

ということで、改善案をすべてぶっ込んだ二年目がスタート。一話のセルフパロです!!冒頭のエージくんの見事なビフォーアフター。メガネなし&金髪じゃなくても表情だけでイメチェンしたよエージくん!!そしてその後ろにはスッとさり気なくゴローちゃんが。
教室に入るとそこには脱二頭身した零一が……あーどうせならあの一度っきりの風早くんみたいなイケメン零一が良かったな…とつい思ってしまいました。ごめんね零一!二頭身ならいつもの零一がいいんだけどね!ここであのイケメン零一が降臨したら別の漫画になってしまうから仕方ないね!!

続々とキャラがイメチェンして出て来てますが、それに対するエージくんツッコミが冴えない。言い慣れていない感じが酷くて笑えます。はやすぎだろ…陸上選手かはヒネりが無さすぎて逆に笑ってしまいました。そしてキャラたちの願望が詰まっていたであろう見開きのページの酷さ…東くんとゴローちゃんだけだよマトモなの!!すかさず次のページでエージくんが怒涛のブチギレを見せてくれました。どうでもいいけどツーくん素っ裸なの!?ひどい。

エージくんのやかましゃあタイムがはじまり、ウキウキでプールにきた海のトリオも静かに帰って行きました。No.03さんはずっとあの黒っぽいのが素の肌なのかなと思ってたんですけど違った!って、そういえばお料理回でも普通の手を見せまくってましたね…。わずか2コマでしたが、No.03さんに浮き輪はあざとい!と感じました。また票を稼ぎに来おったわい…!!そしてしみじみと、エージくんのこのキレ気味でいっぱいいっぱいなツッコミが好きだなーと再確認。あとメガネがあると落ち着く…。

最後はエージくんのツッコミが戻って皆も正気に戻りました。いいのよ、青春兵器はこれでいいのよ…。しかし本当にテコ入れは要らないの!?ってさい藤さんたらーってページ下のコメントを見て笑ってしまったんですが、これが後に別の意味を持つことになろうとは知る由もなかったのです…。

このあとも番外編と長谷川先生の偉大なる航路!というさい藤さんと長谷川先生による赤裸々な暴露トークがつづくのですが、文字数も多くなってきたので別記事にします!月曜日までには更新したいです…。

  

すごい会議?短期間で会社が劇的に変わる!

すごい会議?短期間で会社が劇的に変わる!

 
ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)

ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)

 
青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

青春兵器ナンバーワン 4 (ジャンプコミックス)

 

 

同じテーマの記事